フォートナイト初心者向け「撃ち合いのコツ」攻略ガイド キルレを上げる正しい立ち回り

フォートナイト初心者で「全然撃ち勝てない」「キルレが1を下回っている」という悩みを抱えている方は多いかと思います。
しかし立ち回りが間違っていたり、そもそも勝つためのテクニックを知らないという場合もあるので、これから伸びる可能性は大いにあります。
この記事ではそんな初心者向けに撃ち合いのコツと立ち回りについて解説していきます。

フォートナイト初心者向け 撃ち合いのコツ攻略ガイド

初心者にありがち ダメなパターン
・建築を一切していない
・常に身を乗り出している
・1種類の武器にこだわる
・味方の近くにいない

上記のパターンに当てはまっていたプレイヤーは立ち回りを見直す必要があります。
フォートナイトは建築が最も重要な要素であり、撃ち合いの際に建築ができないと確実に不利ポジションを押し付けられてしまいます
またフォートナイトのみならずバトルロイヤル系ゲームの基礎として、チーム戦では味方の近くで行動しましょう。
ここからはダメなプレイングを改善するためにやるべきことを解説していきます。

まずは感度設定を見直す



低い感度だと素早く建設することができないので、比較的高い感度でプレイすることをオススメしますが、エイムが合わなくなるほど感度を上げては逆効果です。
試合中に感度を変更することが可能なので、遊び場で練習しながら自分にあった感度を見つけましょう。
ターゲット感度(武器で狙いをつけたとき)とスコープ感度(スコープつきの武器で覗いたとき)は設定を落とすと狙いがつけやすくなります。

PC版・PS4版で遊んでいる方はゲーミングマウスの購入をおすすめします。フォートナイトに限らずFPS・TPSはマウスによってかなり差がつきます。


撃ち合いは建築が必須

基本的には上を取り、下に向けて撃とう。

このゲームは自分の思い通りに足場や壁を建築できるので、「有利ポジション」を自分で作り出すことができます。
壁を建てて相手の銃撃を防いだり、階段を組み合わせて相手の上から撃ち抜いたり、建築の一部を編集して脱出など、用途はシチュエーションによって千差万別。
苦手だからといって敬遠せず、しっかり自分に有利な建築ができるように練習しましょう。

上へ上へと登っていく建築。相手の進路を塞ぎながら上を取ろう。

特に上を取ることを意識した建築は撃ち合いで有効です
上を取ることで相手の行動を把握することができ、相手からは撃ちにくいポジションを確保することができます。
そのために上級者同士のバトルでは如何に上を取るかという建築合戦になります。

以下の記事では建築のテクニックについて、オススメ操作方法を掲載しているのでそちらも目を通しておきましょう。


1発でも着弾したら壁を建てる



初心者にありがちなのですが、相手と対面したときにエイムや武器の性能でゴリ押そうとしていませんか?もしくは敵の位置が掴めていないまま走り抜けようとしていませんか?
これらの行動は悪手なので即刻辞めましょう。

特にチーム戦では複数の相手が自分を狙っている可能性があるので、敵の位置を知ると同時に自分の身を守ることが重要です。
壁を建てると防壁になり、相手が射撃を継続しているなら壁のダメージで攻撃している方向を教えてくれます
ダメージを受けてもある程度は立て直すこともできるので、発砲されたと感じたら建築を行いましょう。

最適な武器編成



近・中・遠すべてに対応できるよう、役割の異なる武器をバランス良く持ちましょう。
ショットガンとスナイパーライフルは確実に持ち、残りは中距離用に連射が効く武器と回復アイテムを持っておきたいところです。
以下の記事で武器の組み合わせについて詳細に解説しているので、そちらもご覧ください。


ショットガンのジャンプ撃ちは超強力



フォートナイトはショットガンの威力が非常に高く、ヘッドショット判定ならばHPの9割を奪うことができます。
上から撃ち下ろすとヘッドショットになりやすいため、ショットガンを使う際はジャンプしながら狙うことをオススメします。
ジャンプ中は相手からすると狙いにくいので、エイムをずらせるという利点もあります。
しかしジャンプを続けていると徐々にジャンプ力が落ちてしまうので、ジャンプとダッシュを交互に行いましょう。

中距離以降で狙いたいときはしゃがむ

しゃがむとエイムが安定するので動いている敵にも弾が当てやすい。

動きながら射撃すると弾がバラけやすく、しゃがむことで弾がバラけにくくなります。
中距離以降での射撃戦で有効な手段ですが、こちらの動きが鈍くなってしまう点には注意しましょう。
ちなみにしゃがみと立ちを繰り返し、体を晒した一瞬だけ攻撃する屈伸撃ちというテクニックも存在します。

武器を切り替えて撃つ

近距離ではショットガンを使うことが多いと思いますが、ショットガン1本だけでは決定打に欠けます。
そこでショットガンを1発撃った後、すぐさまショットガン系以外の武器に切り替えて射撃をすることで切れ目無く攻撃することができます
威力の高い単発武器すべてに同じことが言えるので、別の武器に切り替えて戦うことは頭に入れておきましょう。
コントローラーで操作しているプレイヤーは、ショットガンと連射系武器は隣にセットしておくとスムーズにコンボを叩き込むことができます。

むやみに頭や体を出さない

頭を出しながらアサルトライフルを連射しているとスキが大きいのでスナイプしやすい。

フォートナイトに限らずFPS・TPS全般に言えることですが、頭や体を晒す時間は極力減らしましょう。
ハンティングライフルやボルトアクションスナイパーライフルの弾が頭に命中すれば確定でダウンしてしまうので、特に頭を出している状態は非常に危険です。
射撃するときのみ体を出し、射撃するポイントは1度射撃した場所から少し移動しましょう。

逃げて漁夫の利を狙う

ときには撃ち合いを拒否することも大事なテクニックとなります。
相手が上手くて勝てないと思ったならば、敵と敵をぶつけて消耗しきったところで漁夫の利を狙いましょう。
チーム戦で自分以外が全滅してしまったときも最後まで諦めずに粘ることで勝ちの目が見えてくることもあります。

フォートナイトにおける撃ち合いのコツおさらい

・攻めも守りもとにかく建築
・チーム戦では味方から離れない
・適切な武器選び

フォートナイトは建築を制するものが試合を制することができます。
撃ち合いも建築をマスターすれば必然的に強くなることができ、たとえエイムが苦手でも相手に不利を押し付けて勝つことができます。
ソロではむやみにリスクを冒さないこと、チームでは味方から離れないことで生存率がグッと高まります。

フォートナイト攻略ガイドまとめ記事

当サイト、HARDMODEではフォートナイトに関する攻略記事を発信しています。
初心者向け記事・情報系まとめ記事・テクニック系記事は以下のリンクからご覧ください!

フォートナイト / 攻略カテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。