【格安】予算5万円~10万円で買えるおすすめゲーミングPC【安く買うための方法を解説】

「ゲーミングPCは10万円以上するもの」というイメージがあるかもしれませんが、実際は10万円以下の予算で買える安くて高性能なゲーミングPCも存在します。
この記事では「予算5万円~10万円以内で買えるゲーミングPC」という基準にあったゲーミングPCを紹介し、低価格ゲーミングPCのメリット・デメリットも解説していきます。

以下の項目に当てはまる人は、この記事を参考にしてゲーミングPCの購入を検討してみてください。

  • 家庭用ゲーム機からゲーミングPCに乗り換えたい
  • グラフィックボード(GPU)なしのPCを買い替えたい
  • 予算は10万円程度でゲーミングPCが欲しい
  • 画質にこだわらないからとにかくPCゲームが遊びたい

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCを知りたい方は、↓のリンクから該当箇所へジャンプできます!

・10万円以下で最高スペック → 「Magnate(マグネイト)MT
・それなりの値段とスペック → 「Magnate(マグネイト)MJ
・ゲーミングPC最低価格 → 「Magnate(マグネイト)MH
・ゲーミングノートなら → 「ガレリア GR1650TGF-T

初めて買うなら低価格帯ゲーミングPCがおすすめ

ドスパラ ゲーミングPCラインナップ

BTOショップのドスパラでは低価格帯のゲーミングPCを「ライトゲーマー」向けとして売り出しており、種類も豊富に取り揃えている。

5~10万円程度の低価格ゲーミングPCは「PCゲーム初心者orライトゲーマー」にオススメです。

ゲーミングPCは価格が上がっていくほどスペックの伸び幅も悪くなるため、高価格帯のゲーミングPCは自己満足の世界になりがちです。
一方で低価格帯のゲーミングPCでもPCゲームに必要な要件はキッチリ揃えているため、「ゲームを遊びたい」という目的に対するコスパに優れています。

購入から月日が経ってスペックが物足りないと感じた場合もパーツの取替えができるので、無駄を少なく済ませられるメリットもあります。

また、昨今はPCパーツの性能が向上したことにより、「ゲーミングPC」における価格のハードルも下がってきました。
「安かろう悪かろう」という言葉もありますが、ゲーミングPCにおいてはその限りではなく、決して「安い=悪い」ではありません。

最低限のスペックのゲーミングPCでも家庭用ゲーム機(PS4・Switch)を圧倒

ps4

ハッキリ言って、家庭用ゲーム機とゲーミングPCのゲーム環境は”別物”です。
家庭用ゲーム機では体験できない「マウスによる精密なエイム」「60fps以上のなめらかさ」「映像の設定も自分好みに変更可能」などの要素がいくつもあります。

具体例として、ニンテンドーSwitch版の『フォートナイト』では最大fpsの上限が30に設定されています。
しかし30fpsという家庭用ゲーム機の数値はPCゲーマーから言わせると「ゲームにならない」とすら感じてしまいます。

フレームレートについて補足

フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。

画面のなめらかさが数倍も違えば動きに違いが出てくるのは当然であり、対戦ゲームならば勝敗の結果に結びついてしまうからです。
特にフォートナイトの場合はクロスプレイに対応しているので、PC版ユーザーと対峙した時の差は歴然です。

もちろん非対戦ゲームでもスペック差によって問題が解消されるケースは多く、たとえばPS4版の『モンスターハンター・ワールド』の長過ぎるロード時間もPC版ならサクサクです。

ちなみに、この動画で検証に使われているPCは「SSD不使用」です。『モンスターハンター・ワールド』をSSDに入れたら更にロード時間が短縮されることは言うまでもありません。
このように対戦ゲーム・非対戦ゲーム、オンライン・オフラインに関わらずゲーミングPCの恩恵は大きく、快適な環境でゲームを楽しむことができます。
「本当の実力を発揮したい」「今の環境に不満がある」「本気で勝ちたい」というプレイヤーにはゲーミングPCへの移行を強く推奨します。

ただしPC同士の戦いとなるとパフォーマンスが高いとは言い難いので、もう少し予算を上げられる方は以下の記事とこの記事を見比べながら検討してみてください。

安いゲーミングPCでも設定を調整すれば最新ゲームを快適に遊べる

安いゲーミングPC Apex Legends

近年は「エントリーモデル」と言われる初心者向けのローエンドゲーミングPCの基礎スペックが上がったため、最新ゲームでも快適に動作するようになっています。
ただし「グラフィック最高設定でfps上限を常に維持する」のは難しいため、ある程度は画質設定を落として遊びましょう。

この記事で紹介する低価格帯のゲーミングPCはいずれも、バトロワゲームの中で比較的動作が重いとされている『PUBG』や最新ゲームの『Apex Legends』でも最高設定で60fps以上は出せるので、144fpsにこだわらないユーザーなら問題無く遊べます。
設定を落とせば60fps以上も出せるため、画質を取るか、なめらかさを取るかを選んで設定しましょう。

高画質設定や高fpsで遊びたいという方は以下の記事を参考に、安いゲーミングPCと比べて検討してみてください。

格安ゲーミングPCでも動画配信・動画編集程度なら無問題

安いゲーミングPCで実況・配信

低価格帯のゲーミングPCでも高性能のCPUやグラフィックボード(GPU)を搭載しているので、動画配信・動画編集を楽しめます

高性能のグラフィックボードがあれば綺麗な映像を配信でき、低価格帯でも「1080p・60fps」の配信は可能です。
動画編集はCPUの性能を要求されますが、ゲーミングPCには高性能なCPUが標準で搭載されているので、動画のエンコードをしながら別の作業を行ったりすることもできます。

安いゲーミングPCのデメリット・注意点

デメリット
  • ゲームによって設定を吟味する必要がある
  • 高いゲーミングPCと比べて耐用年数は短い
  • PC初心者の中古購入は厳禁

年数を重ねるごとにゲームソフト側がPCに要求するスペックは引き上がるため、性能の良いパーツを搭載した価格の高いゲーミングPCほど耐用年数が長くなります。
安いゲーミングPCでもパーツさえ取り替えれば耐用年数を伸ばせるので、先行投資をしておくか、今遊びたいゲームを遊ぶために買うかを考えて選びましょう。

また、安いゲーミングPCが欲しいからと言って中古に手を出すのは危険です。
パーツの経年劣化によって故障のリスクが高く、思いがけないトラブルに出くわしてしまう可能性があります。

PC初心者にとって突然のトラブルは対応しづらい上、修理費など余計な出費がかさんで新品より高額になってしまえば本末転倒です。
特に信頼性が低い個人間のオークションやフリマアプリでの購入は絶対にやめておきましょう。

格安ゲーミングPCの購入はBTOがおすすめ

ドスパラのホームページ

最大手BTOパソコンショップ『ドスパラ(Dospara) 』のホームページ

ゲーミングPCは『BTOパソコン』と呼ばれる、カスタムメイドのショップで注文することがメジャーです。
BTOパソコンは上は40万円、下は5万円ほどからゲーミングPCを扱っているので、安いゲーミングPCも豊富に取り揃えています。

この記事で紹介するゲーミングPCを販売しているBTOパソコンショップ『ドスパラ(Dospara) 』の評判は以下の記事でまとめているので、気になる方はチェックしてみてください。

用途や予算に合わせてゲーミングPCを選べる

このようにメモリを増設したり、減らすようなカスタム注文も可能。

BTOパソコンはパーツを増設・アップグレードして注文したり、補償を追加したりできるので、ゲーミングPC初心者に優しいサポートが充実しています。

「もう少しだけお金に余裕がある」「高性能な周辺機器も一括で買いたい」「初心者だから手厚いサポートも欲しい」といった細かいニーズも満たしてくれるのがBTOパソコンの良いところです。

キャンペーンやセールで更にお得

ドスパラのキャンペーン画面。ゲームソフトのプレゼントキャンペーンは常に開催されている。

BTOパソコンメーカーでは頻繁にキャンペーンやセールが開催されています。
特定のゲームが無料で付属したり、パーツのアップグレードが安くなったり、ポイントの還元率が上がるなど様々です。
目当ての低価格帯ゲーミングPCがセールになっていたり、パーツの換装が安いときを見計らって購入しましょう。

この記事で紹介しているゲーミングPCもセール対象になることが多く、安くゲーミングPCを手に入れるチャンスがあります。

以下の記事では常時セール対象になっているゲーミングPCを紹介しているので、興味のある方はチェックしてみてください。

5万円~10万円で買えるおすすめ低価格ゲーミングPC

この記事では低価格帯のゲーミングPCのメリット・デメリットを説明しました。
それをふまえ、低価格帯ゲーミングPCの購入を検討している人向けに、BTOパソコンの中でも特に安いゲーミングPCを紹介していきます。

一口に5万円~10万円といっても「モニターや周辺機器を含めて10万円」や「PC本体のみで10万円」もあるので、自分がゲーミングPCにかけられる予算と相談して決めましょう。

10万円以下でコスパ最強「Magnate(マグネイト)MT」がおすすめ

マグネイト MT
マグネイト MT
CPU : Core i5-10400
グラフィック : GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB SSD / HDD 無し
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 税込み10万円以下という低価格
  • 最新ゲームも楽々プレイ
  • メモリが充実の16GB
  • 500GBのSSD搭載
デメリット
  • CPUは若干パワー不足
  • 最新ゲームの高画質144fpsは難しい
  • ケースが小さい

予算を10万円以下に抑えつつ、最高のスペックを目指すなら「Magnate(マグネイト)MT」がおすすめです。
ゲーミングPCの中ではかなり安い部類であるものの、コスパの高い構成に仕上がっています。

GPUは最新世代のミドルクラスモデル「GTX1660Super」、メモリは充実の「16GB」、PCゲームに必須なSSDは「500GB」も搭載しています。
CPUだけは6コア6スレッドの「Corei5-9400」と控えめですが、CPUのスペックを1段階上げるだけで3万円ほど価格が上がるので見極めどころです。
現時点で「CPUのせいでゲームが遊べない」なんてことはないので、3年後に超重い新作ゲームをやりたいと思った時にCPUが足を引っ張る可能性がある、という程度に捉えていれば大丈夫です。

それでもAAAタイトルを快適に遊ぶことができるだけのスペックは持っており、10万円以下という値段に対して破格の構成と言えます。
予算は10万円以下に抑えたいけどパフォーマンスにもこだわりたい人にはピッタリのゲーミングPCです。

『Apex Legends』のような最新のFPSゲームでも画質を落とせば120付近の高fpsで遊べるので、PCゲーム入門用としても最適です。
もちろんFPSに限らず『ファイナルファンタジーXIV』のようなMMORPG、『GTA5』のようなオープンワールドゲームでも高画質60fps以上が可能で、PCゲーマーだけの特権を十分に味わえるでしょう。

画質にこだわらない人は「Magnate(マグネイト)MJ」がおすすめ

マグネイト MJ
マグネイト MJ
CPU : Core i5-10400
グラフィック :GTX 1660 6GB GDDR5
メモリ : 8GB
ストレージ : 500GB SSD / HDD 無し
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 税込みでも10万円以下という低価格
  • GPUにこだわらない人向け
  • メモリが充実の16GB
  • 500GBのSSD搭載
デメリット
  • CPUが若干パワー不足
  • メモリもパワー不足
  • 最新ゲームの高画質144fpsは難しい
  • ケースがやや小さい

画質にこだわらない人は「Magnate(マグネイト)MJ」もおすすめです。
価格は1つ前に紹介した「Magnate(マグネイト)MT」より約5,000円抑えることができ、多少の節約になります。

もともとフレームレートにこわだるFPSを遊ばない人や、少しでも価格を抑えたい人にはピッタリのゲーミングPCです。
メモリやCPU、GPUといったパーツは平均的なゲーミングPC以下なので、画質やフレームレートにこだわる人にはおすすめできません。

激安!業界最安値ライン「Magnate(マグネイト)MH」がおすすめ

マグネイト MH
マグネイト MH
CPU : Core i5-10400
グラフィック : GTX 1650 4GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 240GB SSD / HDD 無し
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 税込み8万円以下という超低価格
  • 240GBのSSD搭載
  • 144fps対応モニター不要で更にコストダウン
デメリット
  • 全体的なパフォーマンスは低い
  • 高fpsや高画質は難しい
  • ケースが小さい

ゲーミングPCながらメーカー製デスクトップPC並の価格で購入できる「Magnate(マグネイト)MH」もおすすめです。

GPUは最新世代のローエンドモデル「GTX 1650」、メモリは「16GB」、PCゲームに必須なSSDは「240GB」を搭載しています。
ゲーミングPCとしての要件はちゃんと満たしていますが、あくまでも現行の最低ラインよりは少し上という程度です。

前述の「Magnate(マグネイト)MT」「Magnate(マグネイト)MJ」と比べると3D描画のベンチマークスコアが格段に下がってしまうため、あくまでも「最低限遊べればいい」という需要に向けた製品となります。

コスパ的にも前述の2台と比べてやや劣りますが、そもそも高いパフォーマンスを求めない方にはピッタリのゲーミングPCです。
影MODや工業MODなしの『マインクラフト』やSteamで人気のインディーゲームなど、高いfpsを必要としないゲームを遊ぶ人に向いています。
最低限のスペックだからといって最新ゲームができないわけではなく、1080p「高品質」設定の『ウィッチャー3』で60fps以上を維持できるなど、もちろん家庭用ゲーム機の水準は上回っています。

こちらはモニターなどのデバイスを含めても10万を超えずに買えるので、とにかく安くゲーミングPCが欲しいという人におすすめです。

周辺機器は最低限でOK!ゲーミングノートPCなら「ガレリア GR1650TGF-T」がおすすめ

ガレリア GR1650TGF-T
ガレリア GR1650TGF-T
CPU : Ryzen 5 4600H
グラフィック : GTX 1650 Ti GDDR6 4GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ディスプレイ: 60Hz 15.6インチ
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • ゲーミングノートPCでは破格の安さ
  • メモリが充実の16GB
  • 本体は約1.9kgと軽めの設計
デメリット
  • 同価格帯のデスクトップPCと比べると性能が低い
  • デスクトップPCと比べると拡張性に乏しい
  • モニターやキーボードは変えられない

持ち運びができるゲーミングノートPCが欲しい方には「ガレリア GR1650TGF-T」もおすすめです。

通常のノートPCと比較すると超がつくほどのハイスペックなので、ゲーム以外の用途で不満を抱くことはまず無いでしょう。
ゲーミングノートPCといえば本体が分厚くて重く、駆動時間も短く、「ノートPCである意味があるのか?」なんて代物も多い中、「ガレリア GR1650TGF-T」は本体1.9kg、駆動7.5時間という移動のお供にできるサイズ感になっています。
同価格のデスクトップPCと比較するとパーツの性能は劣りますが、持ち運びできるハイスペックなゲーム機と考えるならかなり魅力的な一品です。

さらにデスクトップPCと違い、キーボードやモニターといった周辺機器を別途用意する必要が無いため、ゲーミングPCとしてはかなりの格安で済ませることができます。
マウスに関しては最初は安物でもいいのでゲーミングマウスを買っておくとPCゲーム全般で操作しやすくなるのでおすすめです。

関連記事 初心者向け激安ゲーミングマウス4選

ガレリア GR1650TGF-Tの詳細・価格情報はこちら

予算5万円~10万円のおすすめ低価格ゲーミングPCまとめ

この記事で紹介した格安ゲーミングPCをまとめました。

・10万円以下で最高スペック → 「Magnate(マグネイト)MT
・それなりの値段とスペック → 「Magnate(マグネイト)MJ
・ゲーミングPC最低価格 → 「Magnate(マグネイト)MH
・ゲーミングノートなら → 「ガレリア GR1650TGF-T

「格安ゲーミングPCでは満足できない、もっとハイスペックなPCが欲しい」という方は以下の記事から10万円~15万円のゲーミングPCを探してみてください。

コアゲーマー向けの15万円~20万円のゲーミングPCはこちら。

ハイエンドクラスの20万円~30万円のゲーミングPCはこちらから。

富豪向け!30万円以上のゲーミングPCはこちら。

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入する「ゲーミングデバイス」にもこだわりたいあなたに向けた記事一覧です。

FPSをメインにプレイするゲーマーが最優先で用意するべきアイテムであるゲーミングモニター。
144hzに慣れてしまったら60hzのモニターには二度と戻れなくなります・・・!

ゲーミングマウスも必須アイテムなので一緒に購入しておきましょう。
ワイヤレスゲーミングマウスがおすすめです。一度コードの煩わしさから開放されると元には戻れません・・・!

ゲーミングキーボードももちろん必須アイテムです!

FPS系のジャンルでは音周りはかなり重要です。足音を聞き逃さないために、ゲーミングヘッドセットゲーミングイヤホンにはこだわりましょう。

ゲーミングチェアのおすすめランキングです。
ゲーミングチェアはコピー商品が多いため、ちゃんとした品質のものを厳選してセレクトしました。

ゲーミングチェアとセットでゲーミングデスクのおすすめランキングもチェックしてください。
どんな高級チェアを買っても良いゲーミングデスクがなければゲーミング環境とは言えません。

ゲーマーに最適なネット回線をピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

FPSゲーマーにおすすめなネット回線

関連するコンテンツ

5日間のビッグセール! ゲーマー向け商品まとめ!
Amazonブラックフライデーセール