• HOME
  • 全記事
  • ニュース
  • 『ニンテンドースイッチライト』発表!発売日は2019年9月20日 既存のスイッチと仕様の違いを比較してみた
ニンテンドースイッチライト

『ニンテンドースイッチライト』発表!発売日は2019年9月20日 既存のスイッチと仕様の違いを比較してみた

2019年7月10日、任天堂は新型Nintendo Switch「Nintendo Switch Lite」を発表した。希望小売価格は19,980円+税で、2019年9月20日発売予定。『ゼルダの伝説 夢をみる島』と同時発売になる。

Nintendo Switch Liteとは

「Nintendo Switch Lite」は携帯モードに特化した低コストな新型「Nintendo Switch」だ。かねてから噂されていたスイッチの新バージョンとなる。カラーはグレー、イエロー、ターコイズの3色。

Switch LiteはSwitchと違ってテレビ画面に出力して遊べない代わりに、より持ち運びしやすい携帯ゲーム機としての性格を強めている。サイズ感としては「一回り大きいPS Vita」という感じで、「Nintendo Switch Lite」は先細りしつつあった「3DS」の後継機のようなポジションになりそうだ。

11月1日には『ポケットモンスター ソード・シールド』とコラボした「Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ」を希望小売価格19,980円(税別)で発売予定。

switchlite

Switch vs Switch Lite 比較表

比較SwitchSwitch Lite
TVモード×
テーブルモード×
携帯モード
HD振動×
モーションIRカメラ×
ソフト全て対応一部ソフト非対応
Joy-Con付属付属なし
Nintendo Switchドック対応非対応
サイズ(縦×横×厚さ)102mm×239mm×13.9mm91.1mm×208mm×13.9mm
画面サイズ6.2インチ5.5インチ
重量398g275g
バッテリー持続時間2.5 – 6.5時間3.0 – 7.0時間
価格29980円19980円

Switch Liteには従来のJoy-Conとは違い、十字キーが配置されている。Joy-Conに十字キーを配置するよう求める声も多いが、報道によるとその予定はないそうだ。Switchの携帯モードで十字キーを使いたいなら、Switch Liteを買えということなのだろう。

Switch Liteの機能・仕様の事前情報

画面静電容量方式タッチスクリーン/5.5インチ液晶/1280×720ピクセル
CPU/GPUNVIDIA社製 カスタマイズされたTegraプロセッサー
本体保存メモリー32GB
通信機能無線LAN(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠)/Bluetooth 4.1/NFC (近距離無線通信)
スピーカーステレオ
USB端子USB Type-C™端子
ヘッドホン マイク端子ステレオ出力
センサー加速度センサー/ジャイロセンサー
動作環境温度:5~35℃/湿度:20~80%
内蔵バッテリーリチウムイオンバッテリー/電池容量 3570mAh
充電時間約3時間

CNETのインタビューによれば、任天堂は「Nintendo Switch」と「Nintendo Switch Lite」を「互いに補って共存する」関係だと考えている。また、一人で「Nintendo Switch」と「Nintendo Switch Lite」の両方を所有するプレイヤーのために複数のSwitch間でデータを転送するシステムを開発しているという。

「Nintendo Switch Lite」には「明るさセンサー」がなく、手動で明るさを調整する必要があるとのこと。

2019年に発売されるニンテンドースイッチおすすめ注目ソフトは以下の記事でまとめている。2019年09月20日以降発売のソフトは『ゼルダの伝説 夢をみる島』『ポケットモンスター ソード・シールド』『ルイージマンション3』など。

ニュースカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。