RTX 4080搭載ゲーミングPCおすすめモデル BTOパソコンのモデル別にベンチマークでスペックを徹底検証

おすすめPC厳選!

NVIDIAの最新GPU「RTX 4080」は11月16日に発売され、RTX 4090に次ぐ高性能なハイエンドGPUとなっています。

この記事では「RTX 4080」搭載ゲーミングPCをモデル別に紹介しながらスペックを検証していきます。

最新の「おすすめゲーミングPC」について詳しく知りたいかたは以下の記事からどうぞ。

関連記事 ゲーミングPCおすすめランキング

細かい検証よりさっさとおすすめのゲーミングPCが知りたい」という方のために説明は抜きでおすすめのゲーミングPCを載せておきます↓

・第12世代Corei7+RTX4080搭載モデル→「ガレリア XA7C-R48
・第13世代Corei9+RTX4080搭載モデル→「ガレリア ZA9C-R48 第13世代Core搭載
・すべてが最高のRTX4080搭載モデル → 「G-Tune HP-Z

RTX 4080搭載おすすめゲーミングPC

RTX 4080は定価で219,800円のハイエンド帯の高額なモデルで、「RTX 3090 Ti」よりも上を行く性能を持っています。

ここで紹介する「RTX 4080」搭載モデルは最新のパーツを取り揃えたゲーミングPCを体感したい!という人におすすめのゲーミングPCになります。

ゲーミングPCはBTOパソコンショップ「ドスパラ」などから紹介するので、買い方がわからない方は以下のページから確認してください。

関連記事 ドスパラでゲーミングPCを購入する方法

最安のRTX 4080モデル「ガレリア XA7C-R48」

ガレリア XA7C-R48
ガレリア XA7C-R48
CPU : Core i7-13700F
グラフィック : RTX 4080
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
3DMark ベンチマーク
Time Spy

「ガレリア XA7C-R48」はCore i7 12700が搭載されておりボトルネックが起こらない良い組み合わせとなっています。

RTX 4090ほどのパワーはありませんが、それでもその次に最強GPUはなにかといわれれば「RTX 4080」なのは間違いありません。

RTX 4090は少し高すぎるけどRTX 4080クラスの価格帯や性能がほしい!という方におすすめです。

>>ドスパラで商品の詳細を確認する

最高級のRTX4080搭載モデル「ガレリア ZA9C-R48 13世代Core搭載」

ガレリア ZA9C-R48
ガレリア ZA9C-R48
CPU : Core i9-13900K
グラフィック : RTX 4080
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
3DMark ベンチマーク
Time Spy

こちらはRTX 4090に第13世代のCPUを搭載したモデルとなっています。

CPUも第13世代の最新パーツなので、GPUとCPUあわせて最新パーツを利用したい方におすすめです。

GPUだけではなくCPUにもこだわりたい方は「ZA9C-R48」は必見なのでぜひチェックしてみてください。

>>ドスパラで商品の詳細を確認する

すべてが最強のRTX 4080搭載モデル「G-Tune HP-Z」

G-Tune HP-Z
G-Tune XP-Z-LC
CPU : Core i7-13700KF
グラフィック : RTX 4080
メモリ : 32GB
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ストレージ : 4TB HDD
マウスコンピューターで詳細・価格を見る

「G-Tune HP-Z」はCPU・GPU・メモリ・ストレージがすべてが最強クラスのゲーミングPCです。

CPUは第13世代の最新モデル、メモリは32GBなので配信や高負荷のゲームでも安心、ストレージは合計5TBあるのでどんなに動画やゲームをインストールしてもパンパンになることはありません。

ほぼカスタマイズでアップグレードする必要もなく、すべてが最強のパーツを搭載したモデルがほしい方におすすめです。

>>マウスコンピューターで商品の詳細を確認する

高フレームレート・高画質でプレイするのであれば4Kモニターや240Hzモニターとの相性は最高です。

以下では現行のゲーミングモニターは以下の記事にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事 4Kゲーミングモニターおすすめランキング

関連記事 FPSガチ勢におすすめな240Hzゲーミングモニターランキング

RTX 4080のスペック・ベンチマーク

こちらはGPU「RTX 4080」を使ってさまざまなゲームをプレイした検証動画です。

「RTX 4080」は「RTX 3090 Ti」に比べると約20fpsほど高い結果を出しており、最新GPUの名に恥じない性能を出しています。

ただ、約20fpsの向上に定価219,800円以上を出せるかは人によって価値が異なってきますが、現状「RTX 3080」や「RTX 3090」のハイエンドGPUを利用しているユーザーは買い替える必要性はそこまで無いと感じています。

もちろん、これからゲーミングPCを購入するために「RTX 4080」搭載モデルを買う方にとっては最適なタイミングです。

「RTX 4090」モデルクラスの性能はいらないけど、RTX 4080の性能と価格帯はピッタリ!という方も多くいるはずなので、ぜひベンチマーク動画や自分がゲーミングPCでやりたいことを見つけて判断するのをおすすめします。

また、現状RTX 3080~3090 TiモデルはBTOショップでは品薄となっているので、元々ハイエンドモデルを購入しようとしている方には「RTX 4080」はまさしく今が買い時です。

「RTX 4080」を使うならどちらにしても「4Kモニター」もしくは「240Hz対応ゲーミングモニター」は必須です。
せっかくのハイパフォーマンスを60Hz対応の普通のモニターで見てももったいないだけで意味がありません。

アクションゲームをメインでプレイする方はグラフィック重視の4Kモニターがおすすめで、対人FPSゲームなどのメインにプレイする方はフレームレート重視の240Hz対応モニターがおすすめです。

関連記事 4Kゲーミングモニターおすすめランキング

関連記事 FPSガチ勢におすすめな240Hzゲーミングモニターランキング

おすすめPC厳選!

「RTX 4080搭載ゲーミングPC」とその他モデルとの比較

モデル名UA9C-R37ZA9C-R48UA9C-R49
CPUCore i9-12900KCore i9-12900KCore i9-12900K
グラフィックRTX 3070RTX 4080RTX 4090
メモリ16GB16GB32GB
ストレージ1TB NVMe SSD/2TB HDD1TB NVMe SSD1TB NVMe SSD/2TB HDD
サイズ220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
ベンチマーク(Passmark)22,28737,13038,970
値段359,980円529,980円699,980円

値段やスペックは執筆当時

GPU以外をできる限り同じ条件でパーツを揃えたモデルを比較してみました。
CPUに関してはベースが同じ別モデルとなっていますが、処理性能の差がほとんどないため検証結果への影響もありません。

ドスパラ公式ではZA9C-R48モデルは計測中なため、GPUのベンチマークを紹介している「Passmark」のスコアを比較しました。

UA9C-R49とZA9C-R48では価格差が約17万前後も開いており、メモリやHDDの差をなくしても約10万以上のあります。
ですが、Passmarkスコアだけを見るとその差は2千程度となっているので、これからハイエンドを買う方であれば「RTX 4080」はそこそこコスパの良いGPUということがわかります。

RTX30シリーズに興味のあるかたは以下の記事から詳細を確認してください。

  • RTX 3090搭載おすすめゲーミングPCまとめ
  • RTX 3080 Ti搭載おすすめゲーミングPCまとめ
  • RTX3080搭載おすすめゲーミングPCまとめ
  • RTX3070 Ti搭載おすすめゲーミングPCまとめ
  • RTX3070搭載おすすめゲーミングPCまとめ
  • RTX 3060 Ti搭載おすすめゲーミングPCまとめ
  • RTX3060搭載おすすめゲーミングPCまとめ
  • RTX3050搭載おすすめゲーミングPCまとめ
  • 以下の記事でも「初心者向けおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。様々な価格帯のモデルからゲーミングPCを探したい人はぜひ参考にしてください。

    関連記事 ゲーミングPC おすすめ

    ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

    ゲーミングPCと一緒に購入したいおすすめゲーミングデバイスはこちらの記事でまとめています。
    モニター、マウス、キーボード、ヘッドホンからゲーミングデスクやゲーミングチェアまで、この記事を参考にすればゲーミング環境がすべて揃います。

    ゲーマーに最適なおすすめネット回線はこちらでピックアップしました。
    回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

    関連サイト ゲーマー向けネット回線メディア『ファストゲーミング』

    スマホゲームのおすすめアプリをジャンル別に厳選

    スマホゲーム おすすめ




    HARDMODE おすすめ記事