2020発売ゲーム

2020年上半期に発売されるPS4ゲームのリークまとめ

2020年はゲーマーにとって最高の年になるだろう。

同じ意見を2017年にも、2011年にも聞いた。というか毎年言われている。それにしても2020年に発売が噂されているゲームのラインナップは凄すぎる。リークされた情報をまとめてみよう。

2019年に発売されるゲームのラインナップは以下の記事で紹介している。

サイバーパンク2077


Kotakuの記者Jason Schreierは「『サイバーパンク2077』がもともと発売日を2019年に設定していたことを3つのソースから聞いている。しかし実際の発売は2020年上半期に延期されるようだ」と述べている。

『サイバーパンク2077』は『ウィッチャー3』がそうであったように、史上最高のビデオゲームの一つになることが求められている。また、開発会社のCD Projektは『サイバーパンク2077』フランチャイズを何世代にも渡って古びない恒久的なポップカルチャーとして成長させていきたいと望んでいる。あまりにも大きな野心だが、ファンとしてもそれくらいじゃないと納得できない。

そんな超AAAタイトルであるだけに、『サイバーパンク2077』はPS4世代の内は発売されないんじゃないかと思っていたが、意外に早くプレイできそうだ。

ラストオブアス2


『ラストオブアス2』も発売日を2019年の秋に設定していたが、2020年上半期(おそらく2月)にずれ込んだようだ。

既にすべてのカットシーンは収録し終えたという話が伝わっている。あとは仕上げだけといったところか。

ゴーストオブツシマ

サッカーパンチの『ゴーストオブツシマ』は「ソニーファーストパーティがPS4で発売する最後のゲーム」と目されていた。そのことからPS5発売と近いであろう2020年下半期に発売されると思われたが、Jason Schreierによれば上半期に発売される。

PS4後期になって『SEKIRO』や『仁王2』といった和風ゲームが次々と発売されているが、『ゴーストオブツシマ』はおそらく予算や規模において最大のゲームになる。どうやら開発には6年近くかかっている。期待しかできない。

フロム・ソフトウェア新作

『SEKIRO』という傑作から一年でまた新しいゲームが出る?しかもフロム・ソフトウェア史上最大のスケールのゲームが?

信じられない噂だが、複数のリークはそれを肯定している。

FINAL FANTASY VII REMAKE Part 1

本当にどれだけ待ったかわからないが、紆余曲折あった『FINAL FANTASY VII REMAKE』のパート1は2020年上半期にようやく発売されるようだ。

現時点でPS4での発売しか予告されていないが、小売り最大手のゲームストップのアイルランド語ページは『FINAL FANTASY VII REMAKE』のXbox Oneバージョンのストアページを公開している。

なお、スクエニが開発している大作はFF7だけではない。果たしてスクエニが『アベンジャーズ』を扱いきれるのか。期待と不安の両方がある。

UBIソフト(ウォッチドッグス3?)

UBIソフトはいつだって大作タイトルを出しているのでわざわざリークするまでもないかもしれないが、とにかく2020年上半期にも出る。それが何かはわからない。おそらく『ウォッチドッグス3』?

2020年発売ゲームまとめ

注目すべきは、これらのゲームが2020年の上半期に発売されるということだ。


ゲームストップはそれぞれ20本以上の発売日が確定していないPS4ゲームとニンテンドースイッチゲームを確認しているとのこと。リークを行ったKotaku記者によれば「2020年はワイルドな年だ」。確かに。

E3 2019の予想と期待は以下の記事に書いている。

『デス・ストランディング』は2019年11月8日に全世界同時発売されることが発表されている。早い!

ニュースカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。