原神おすすめゲーミングPC

『原神』おすすめゲーミングPCと推奨スペック | スマホ版とPC版の違いを徹底解説

『原神(げんしん)』は『崩壊3rd』で有名なmiHoYoが開発し、PS4/Switch/iOS/Android/PCでリリースされた次世代オープンワールドアクションRPGです。

この記事はこんな悩みを抱えている人に向けて書いています。

後に詳しく説明しますが、結論から言えば、『原神』を遊ぶなら「ゲーミングPC」がおすすめです。

説明を省いて必要なゲーミングPCだけ知りたいという方はこちらから↓

・安定スペック → 「マグネイト MH
・余裕を持った推奨スペック → 「G-Tune HM-B-AF
・大人気ゲーミングPC → 「ガレリアXA7R-R37
・最強の環境で遊びたい! → 「G-Tune XN-Z-AF
・ゲーミングノートPC → 「ガレリア XL7C-R36

注意!

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのは、BTOショップと比べてコスパが悪いです。
家電量販店で買う際のデメリットを詳しく知りたい方は以下のサイトを参考にしてください。

関連記事 電気屋や家電量販店でのパソコン購入をおすすめしない理由

『原神』動作環境・推奨スペック

『原神』を動かすためのハードウェアの推奨スペックを紹介します。

『原神』は「スマホでも動く」からといってそれほど軽いゲームではありません。一般的なPCゲームと同程度のスペックが要求されています。

『原神』必要スペック

『原神』必要スペック
CPUIntel Core i5
GPUGT 1030
メモリ8GB

『原神』必要スペックはこちらです。

グラフィック的にもフレームレート的にもスマートフォンと変わらないレベルでいいなら、このスペックのPCでもプレイ可能です。

必要スペックというのは本当に必要最低限の、「フレームレートがカクついてもいいならプレイできますよ」という最小のスペックです。

『原神』推奨スペック

『原神』推奨スペック
CPUIntel Core i7
GPUGTX 1060 6 GB
メモリ16GB

こちらが公式の「推奨スペック」です。

この構成のPCで最高設定にするとコマ落ちが発生する可能性があるので、最高設定+平均60fpsでプレイしたい方はもう少し上のスペックが必要になります。

補足
現在使っているパソコンの性能に不安のある方は、パソコン大百科の「PCスペックの確認方法」という記事がGPU、CPU、メモリの確認方法をガイドしているので参考にしてください。
価格・性能別4選!

『原神』はスマホ版よりPC版がおすすめ

『原神』はPC版で遊ぶことを強く推奨します。

miHoYoはもともとスマホゲームのグラフィックに定評のある開発会社です。
中国デベロッパーの中ではテンセントを除けばトップクラスの技術力で、スマホゲームのアニメーションを作らせたら右に出るものはいません。

『原神』はそんなmiHoYoがこれまでに作ってきたゲームの中で最も野心的なタイトルです。

何しろ『原神』は史上最高のゲームの一つである『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』をコピーした上でアクション要素を強化するという試みです。
しかもカットシーンは『ゼノブレイド2』をも上回るクオリティで、これをスマホで動かせるなんて信じられません。

いや、実際「スマホで動かせる」とは言えないかもしれません。『原神』のスマホ版はグラフィック、フレームレート、安定性に大きな問題を抱えているからです。

補足
ちなみにPS4版の『原神』もパフォーマンス面に問題があり、場所によってはフレームレートが20を切ることさえあるレベルのカクつきっぷりです。スマホで動かせるからといって決して軽いゲームではないということがわかります。

『原神』の最高グラフィック(画質)を味わえるのはゲーミングPCだけ

原神 グラフィック

『原神』の最大の売りは7つの元素に満ちた広大で美しいオープンワールドです。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』(BotW)そっくりな『原神』の環境グラフィックを『BotW』以上の解像度で体験したいならPC版以外の選択肢はありえません。

もちろんmiHoYo開発だけあってiOS/Android版のグラフィックも美しいのですが、あくまで「スマホゲーとして美しい」レベル。
ゲーマーとしてはスマホで『原神』を遊ぶくらいなら「Switchでゼルダやゼノブレイドをやったほうが面白いよね?」と思ってしまいます。

『原神』のアクションはPCでプレイしてこそわかる気持ちよさ

『原神』はグラフィック、UI、がんばりゲージまで『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』(BotW)とそっくりですが、まったく異なる点もいくつかあります。

次に行く場所を細かくナビゲートしてくれるマップや複数の操作キャラクターを一瞬で切り替えるパーティシステムもそうですが、一番の違いは「アクション」へのこだわりです。

『原神』には「元素攻撃」という必殺技が存在します。パズル重視の『BotW』とは違って、7つの元素(属性)を組み合わせ、ド派手なエフェクトと共に走り回って戦うバトル重視の「アクションRPG」です。

アクション性は『原神』が海外レビュアーから「ゼルダを借用し、独自の体験を確立したオープンワールドゲーム」として非常に高い評価を受けている理由の一つでもあります。

激しく動き回るアクションゲームである以上は最低でも60fpsは出てほしいところですが、残念ながらスマホ版で60fpsを維持するのは困難です。

具体的には、「iPhone 7」だと映像がガクガクでまともにゲームになりません。「iPhone 8 Plus」や「iPhone X」だとようやくカクつきながらもプレイはできるというくらいで、アクションの気持ちよさには期待できません。

PC版なら何の問題もなく最高設定60fpsで駆動するので、「ただの『BotW』クローンじゃないぞ」と言わんばかりの『原神』ならではの爽快なアクションを楽しめます。

フレームレートについて補足

フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。

フレームレートについてもっと詳しい解説を読みたい方は以下のサイトを参考にしてください。

関連記事 フレームレートとは何か?ゲームに最適なfpsを比較・確認

スマホ版『原神』はバッテリー消費と熱暴走に用注意

iOS/Android版の『原神』はコンソール級のゲームを無理やりスマホで動かしているだけあってバッテリー消費と発熱はかなり激しいことになっています。

筆者の使っているiPhone 8 Plusは一応『原神』推奨機種とされておりプレイはできるのですが、最低画質にしても持っていられないほどの発熱で、カットシーンに入るときに強制終了することさえあります。

また『原神』を立ち上げると2時間かからずバッテリーが消耗してしまうので、『原神』を家の外でプレイすることは最初から想定されていないようです。
まあ、2時間以上もプレイしていたら低音火傷しかねないので、そこは逆に丁度いいのですが。

以下の記事ではゲーミングノートPCの「熱暴走」について解説していますが、原理としてはスマホも同じです。熱暴走を起こすとパーツの寿命が短くなってスマホそのものにダメージを与えるので、ちょっとでもスペックに不安のある人にはiOS/Android版の『原神』はおすすめできません。

関連記事 ゲーミングノートPC、最大の欠点「熱暴走」に注意

どうしてもスマホでゼルダっぽいゲームがしたいなら、『オーシャンホーン』か『ファイナルソード』で我慢しましょう!

補足
ここまでスマホ版のデメリットを挙げてきましたが、NoxPlayerのようなエミュレーターを使えばスマホ特有のデメリットなく『原神』を遊ぶことができます。
バッテリー消費や熱暴走の恐れもありませんし、低スペPCであってもエミュレーターならスマホ版より優れたフレームレートで遊ぶことができます。

おすすめなのは、まずエミュレーターからプレイして、『原神』にハマったらゲーミングPCを買ってPC版にアカウントを移行する、というやり方です。
エミュレーターについてはこちらの記事で解説しているので参考にしてください。
価格・性能別4選!

『原神(げんしん)』おすすめゲーミングPC

『原神』おすすめゲーミングPC

どのメーカーからどのPCを買えばいいのか?」を具体的に解説していきます。

  マウス  ドスパラ フロンティア  Dell  
価格二重丸二重丸二重丸三角
出荷スピード丸二重丸三角三角
サポート二重丸丸三角三角

特に有名な大手メーカー4つを比較しました。

「フロンティア」最大の売りはPCの安さです。
人気機種は在庫が少なくほとんど受注生産なので、出荷が1か月待ちになることも珍しくありません。
電話サポートは10:00~19:00までと短めで、混雑が激しいのは難点。

「Dell」の高級ブランド「ALIENWARE」のゲーミングPCのデザイン性は随一です。
問題は、モノによっては他社と10万円以上の差が付くほど強気な値段であること。
サポートスタッフは外国人が多く手間取るかもしれませんが、基本的には日本語も通じます。
工場が海外にあるため、機種によりますが出荷までに最低でも2週間はみたほうがいいでしょう。

「ドスパラ」は品薄のRTX30シリーズ搭載ゲーミングPCに関して全メーカー中最も安定した値段・出荷速度・サポートを保っています。

「マウスコンピューター」の出荷スピードはドスパラほどではありませんが比較的速く、上記メーカーで唯一の24時間365日電話サポートがあるので初心者でも安心です。値段も決して高すぎません。

今回は主に「ドスパラ」「マウスコンピューター」から最適なゲーミングPCを選んで紹介します。

ゲーミングPCを買う前に『原神』がどんなゲームか知っておきたい、という方はこちらの記事から「よくある質問」と「操作方法」を確認してください。

関連記事 『原神』よくある質問【初心者向けFAQ】

関連記事 『原神』操作方法&おすすめ画面設定

RTX30シリーズ搭載ゲーミングPCの在庫状況について

10月現在、RTX30シリーズ搭載ゲーミングPCは需要が高すぎるせいで供給不足という状況です。

どのBTOショップでもRTX30シリーズ搭載ゲーミングPCは頻繁に値上げされている状態なので、購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。
この記事で紹介しているゲーミングPCは出荷日が翌日~3日のものを中心にチョイスしています。

RTX30シリーズの在庫不足問題について詳しく知りたい方は「グラボ在庫不足・品薄の原因 」を参考にしてください。


激安PCで『原神』を遊びたいなら「マグネイト MH」がおすすめ

マグネイト MH
マグネイト MH
CPU : Core i5-10400
グラフィック : GTX 1650 4GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 256GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 激安ゲーミングPC
  • 最高画質60fpsで『原神』をプレイできる
デメリット
  • エントリークラスなのでPC上級者向けではない

予算を抑えてとにかく『原神』を快適に遊びたい、という方には「マグネイト MH」がおすすめです。

低価格とはいえCPUとGPUの性能は十分高く、『原神』を最高設定+60fpsでプレイできます。

コスパは間違いなく最高クラスなので、入門用のゲーミングPCを探しているなら必ずチェックしてください。

余裕を持った構成で『原神』を遊びたいなら「G-Tune HM-B-AF」がおすすめ

G-Tune HM-B-AF(限定モデル)
G-Tune HM-B-AF
CPU : Core i7-10700F
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe
特別価格:通常モデルより16,500円OFF
公式サイトで詳細・価格を見る
通常モデル:税込 181,280円
限定モデル:税込 164,780円
メリット
  • 4Kゲーミングも可能
  • 数年間は安定して最新ゲームをプレイできる
  • 大容量ストレージ
デメリット
  • もっとハイスペックなゲーミングPCも存在する

「G-Tune-HM-B-AF」さえ買えばどんな設定でも『原神』を快適にプレイできます。

「これぞゲーミングPC」という圧巻のスペックで、現在発売されているほとんどのゲームを最高設定&60fps以上でプレイ可能です。

「『原神』を4Kでプレイしたい」「絶対にコマ落ちや強制終了といった問題に直面したくない」といった要望に応える余裕を持った構成となっています。せっかくゲーミングPCを買うなら家庭用機を大きく超える性能のものを買っておくと、他のゲームを遊ぶときにも便利です。

このモデルを購入しておけば今後5年は最新ゲームでもスペックに苦しまずにプレイできます。価格もゲーミングPCの中では高くはないので、コストパフォーマンスも良好です。

本気でゲーミングPCを始めたい方はまずはこれ、という王道モデルと言えます。

補足

RTX 3060をおすすめする理由としては、RTX 3070搭載モデルが極端に値上がりしてる以上、ミドルスペックで最もコスパの良い選択肢だからです。
他社のRTX3060搭載モデルと比べても圧倒的にお得な価格です。

RTX 3060搭載ゲーミングPC比較表
BTOメーカーマウスコンピュータードスパラツクモ
モデルG-Tune-HM-B-AFXA7C-R36G-GEAR GA7J-F211T
CPUCore i7-10700FCore i7-11700Core i7-11700
ストレージ512GB NVMe SSD1TB NVMe SSD500GB NVMe SSD
出荷予定日5営業日翌日5営業日
価格(税込)164,780円199,980円184,800円
送料3,000円3,300円2,200円
合計金額167,780円203,280円187,000円
Amazon Pay丸丸罰

マウスコンピューターのモデルが一番安く、送料込みで167,780円です。

ストレージはドスパラの「1TB SSD」に劣る「512GB SSD」ですが、それらを踏まえてもこの安さは破格です(ちなみに、ストレージを「1TB SSD」に変更しても+8,690円です)。

Amazon Payに対応しているので、煩わしい会員登録や住所登録は不要で、Amazonアカウントだけで購入できます。

『原神』を遊ぶための最強コスパモデル!
「G-Tune HM-B-AF」の詳細・価格情報はこちら

【人気No.1】4K 60fpsを目指すなら「ガレリアXA7R-R37」がおすすめ

ガレリア XA7R-R37
ガレリア XA7R-R37
CPU : Ryzen 7 3700X
グラフィック : RTX 3070 8GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「ガレリア XA7R-R37」実機レビュー

メリット
  • 次世代ゲーミングPCの標準となるスペック
  • すぐに在庫切れになる大人気ゲーミングPC
  • 4K 60fpsも楽勝
  • ドスパラ以外のショップでは見つからない「RTX 3070」搭載モデル
デメリット
  • 人気すぎて頻繁な在庫切れで手に入りにくい
  • 人気すぎてときどき値上げされる

『原神』を4Kでプレイしたいなら、「ガレリアXA7R-R37」が値段と性能のバランスという点でぴったりです。

在庫さえ潤沢なら文句なしにこのモデルをおすすめしたいのですが、あまりのGPU「RTX 3070」人気で価格が高騰、その後はずっと在庫切れ状態でした。

他のショップではまだ手に入りませんが、最近になってようやくドスパラに在庫が戻りつつあるのが現状です。

「値下がりを待って買い時に買おう」と考える人もいるでしょうが、残念ながら2023年まで値下がりしないという情報もあり、また在庫が切れてしまう前に買っておいたほうが結果的には賢明かもしれません。

4K60fps安定!大人気ゲーミングPC!
「ガレリア XA7R-R37」の詳細・価格情報はこちら

ワンランク上を目指すなら「G-Tune XN-Z-AF」がおすすめ

G-Tune XN-Z-AF(i9-11900K ver)(限定モデル)
G-Tune XN-Z-AF(i9-11900K ver)
CPU : Core i9-11900K
グラフィック : RTX 3080
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe
CPUダウングレード版 : i7-11700K ver
特別価格:307,780円(税込)
公式サイトで詳細・価格を見る
メリット
  • 最強のハイスペックマシン
  • 動画編集からマイニングまで、作業用として最適
デメリット
  • 『原神』しか遊ばないならオーバースペック

G-Tune XN-Z-AF」はCPUもGPUも最高クラスのモンスター級マシンです。

これだけのスペックがあれば、今後数年は最新ゲームをグラフィック最高設定で快適にプレイできます。もちろん、ゲーム配信や動画制作なんかも全く問題なくこなせます。

ただ単に『原神』をプレイするだけなら絶対にここまでのスペックは必要ありません。「G-Tune XN-Z-AF」が本当に活きるのは『サイバーパンク2077』や『Microsoft Flight Simulator』を遊ぶときくらいでしょう。

ただし、ゲーミングPCデビューと共にゲーム実況や配信、動画編集なんかもしてみたい!と考えているなら「G-Tune XN-Z-AF」を買っておけばどんなツールでも動かせるので心配ありません。

G-Tune XN-Z-AF」はとにかく最高クラスの環境が欲しい、という人におすすめです。

4Kゲーミングにチャレンジしてみたい方はこちらのBenQの4Kモニターがおすすめです。息をのむような美しい映像を体験したい方はぜひ!

ゲーミングノートPCを選ぶなら144hz液晶搭載 + 高性能GPU のモデルがおすすめ

この記事ではデスクトップゲーミングPCをメインにおすすめしてきましたが、「場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

ノートPCはデスクトップPCと比べて性能が低いイメージがありますが、最近のゲーミングノートPCは「高性能GPU + 144hz液晶搭載」のものが増えてきてるので、そのような機種を選べばデスクトップゲーミングPCと遜色なく快適にゲームを遊ぶことができます。

おすすめのゲーミングノートPCの選び方」については以下の記事にまとめてあります。

ガレリア XL7C-R36
ガレリア XL7C-R36
CPU : Core i7-10875H
グラフィック : RTX 3060 6GB
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「ガレリア XL7C-R36」実機レビュー

メリット
  • 144fpsで最新ゲームを楽しめる
  • メモリが充実の16GB
  • マウスやキーボードを揃えなくていい
  • 次世代GPU・RTX3060搭載
  • PS5を遥かに上回る性能
デメリット
  • デフォルト構成のストレージ容量が少なめ

「ガレリア XL7C-R36」は並のデスクトップPCをはるかに上回るハイスペックかつ、2.0kgと比較的軽量なので持ち運びも楽勝の最強ゲーミングノートPCの一つです。

「ガレリア XL7C-R36」はハイエンド級の性能でありながらコストパフォーマンスは非常に高く、「性能・価格」全てのバランスがパーフェクトなゲーミングノートPCです。

『原神』 おすすめBTOパソコンおさらい

この記事で紹介したゲーミングPCをまとめました。

・格安PCで遊びたい → 「マグネイト MH
・余裕を持った環境で遊びたい → 「G-Tune HM-B-AF
・人気No.1モデル → 「ガレリア XA7R-R37
・最高の環境が欲しい → 「G-Tune XN-Z-AF
・ゲーミングノートPC → 「ガレリア XL7C-R36

ゲーミングPCを買ったらあとはゲームをダウンロードするだけです。
こちらの記事では画像付きで手順を紹介しているのでチェックしてみてください。

関連記事 PC版『原神』のダウンロード方法

以下の記事でも「おすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。様々な価格帯のモデルからゲーミングPCを探したい人はぜひ参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめランキング|初心者でも絶対に失敗しない選び方解説

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

以下のページではゲーミングPCと一緒に購入したいおすすめゲーミングデバイスをまとめています。
モニター、マウス、キーボード、ヘッドホンからゲーミングデスクやゲーミングチェアまで、この記事を参考にすればゲーミング環境がすべて揃います。

ゲーマーに最適なネット回線をピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

【裏技】Amazonギフト券チャージで初回限定2,000円分のポイントGET

Amazonギフト券チャージでお得に利用




HARDMODE おすすめ記事