• HOME
  • 全記事
  • コラム
  • 【2018年】メタスコア版クソゲーオブザイヤー(KOTY) ワーストゲームランキング
ワーストメタスコア

【2018年】メタスコア版クソゲーオブザイヤー(KOTY) ワーストゲームランキング

「クソゲー」とは、「つまらない」「評価が低い」ビデオゲームを指すゲーム用語である。

その年発売した一番のクソゲーを決める「クソゲーオブザイヤー(KOTY)」という企画もあるが、 メタスコアを算出しているMetacriticは「2018年のワーストゲーム」と題して最低メタスコア作品10本を発表した。

10位から順にメディアレビューと併せて紹介する。

「最高メタスコア作品」についてはこちらの記事でまとめている。

2018年メタスコア ワーストランキング

  • 2018年1月1日から2018年12月31日にリリース(Metacritic基準)されたゲーム
  • レビュー数7以下は除外
  • マルチプラットフォームのゲームは最低スコアのバージョンを採用

10位 『Shaq Fu: A Legend Reborn』 36点

NBAの伝説、シャキール・オニールを主人公としたアクションゲーム『Shaq Fu』の続編が24年ぶりに登場。前作もクソゲーとして評判だったが、「前作よりは面白い」というジョークと共に宣伝された最新作は前作以上に酷評される結果となった。

20点 We Got This Covered

鈍いステージ。しょぼいキャラデザ。単純なゲームプレイ。冗談で覆われた意図的なクソゲーだが、ユーモアの欠片もなく、不愉快。失敗作。

9位 『Underworld Ascendant』 36点

90年代で最も革新的なRPGとされる『ウルティマ アンダーワールド』の精神的続編がついに登場。オリジナルの開発者も参加した、環境パズルとステルスでステージをクリアするアクションゲームとなっている。レビュアーからは大量のバグを批判された。日本語対応。

25点 PC Gamer

悪いアイディア、奇妙なシステム、そしてバグ。『Underworld Ascendant』は単純に酷いしろものだ。

8位 『Hollow』 36点

モンスターで溢れる宇宙船内をサバイバルするSFホラーアクション。レビュアーからは大量のバグを批判された。日本語対応。

30点 Switch Player

『デッドスペース』スタイルの宇宙船サバイバルというジャンルの中で、『Hollow』は最低ラインを更新しました。

7位 『ワンピース グランド クルーズ』 35点

ワンピース史上初のPSVRにはちょっとしたミニゲームが含まれているが、それよりもキャラクターを間近で観察するのがメインコンテンツとなっている。

35点 Jeuxvideo.com

『ワンピース グランド クルーズ』の見た目は可愛らしいですが、中身は多くありません。特に楽しいコンテンツは何もなく、ワンピースというフランチャイズを傷つける、退屈で、短く、つまらないゲームです。

6位 『Super Seducer : How to Talk to Girls』 35点

実写で描かれる「現実的な恋愛シミュレーター」は、ほとんどのレビュアーから「愚か」という評価を受けた。

10点 Impulsegamer

物ではなく、人間として異性を扱いましょう。買う価値なし。

5位 『Past Cure』 34点

「まるで映画のような」サイコスリラー。独創性のなさとアクションの不出来さが指摘された。日本語対応。

40点 MondoXbox

開発者は愛する映画やビデオゲームを模倣するという野心のもと、サウンドトラック以外の全てに問題がある『Past Cure』を生みました。

4位 『Agony』 34点

「ビデオゲームにおいて最も恐ろしい地獄を描く」という宣伝で話題になった作品。全くの嘘ではなかったが、バグの多さやステルスの厄介さが批判された。日本語対応。

30点 Trusted Reviews

ゲームプレイが退屈で壊れている以上、他の美点に目をやることはできません。『Agony(苦痛)』。実に相応しいタイトル。

3位 『ファンタジーヒーロー ~アンサインドレガシー』 34点

PSvitaからSwitchに移植されたDL専用ハックアンドスラッシュ型アクションRPG。それ以上でもそれ以下でもないが、2018年にはいささか古臭かった。

30点 TheSixthAxis

ひどいグラフィック。独創性の欠如。あらゆる点で貧弱なゲームプレイ。このゲームにポジティブな側面を見つけることができなかったのは残念だ。

2位 『Gene Rain』 32点

近未来を舞台とした中国製TPSは「無意味」で「理解不能」だが、唯一の利点はPS4で『Gears of War』らしきものをプレイできること(KeenGamer)。

10点 God is a Geek

このゲームを勧める理由は何一つありません。最もコアなカバーシューターファンにさえ。バグだらけでぶっ壊れた混乱そのもの。唯一の救いは、この苦しみがたった4時間で終わるということです。

1位 『The Quiet Man』 29点

Metacriticが選ぶ「2018年クソゲーオブザイヤー」。主人公は聴覚障害者で、プレイヤーも音のない世界を探検する。当然のことながらストーリーはよくわからない。物語上の実験は受け入れられず、更にアクションパートも酷評され、レビュアーにもユーザーにも嫌われてしまった。

30点 JeuxActu

Square EnixとHuman Head Studiosには明確なコンセプトがありましたが、お粗末なゲームプレイとストーリーのおかげで悲惨な結果に終わりました。おそらく2018年で最悪のゲーム。

関連記事

コラムカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。