フォールアウト76

『Fallout 76』のSteam版が無い理由 PC版の買い方は?

Fallout 76 Tricentennial Edition (トライセンテニアルエディション) 【CEROレーティング「Z」】
ベセスダ・ソフトワークス (2018-11-15)
売り上げランキング: 34

「フォールアウト」シリーズ待望の最新作『フォールアウト76』には『フォールアウト3』や『フォールアウト4』と違い、Steam版が存在しない。なぜだろうか?

『フォールアウト76』PC版の買い方

もちろん、『フォールアウト76』のPC版は存在する。ただし、Steamではなくベセスダ独自のプラットフォームBethesda.netを通じて、である。

この決定によってベセスダはいちいちSteam/Valveへの利益配分(手数料の支払い)をしなくても済むようになるので金銭的なメリットは大きい。だが、これまで主にSteamでベセスダゲーをプレイしていたユーザーに対して、プラットフォームの分散はいささかの混乱を招くかもしれない。

ベセスダはどのように説明しているのか。Gamespotがインタビューしている。

関連記事 ベセスダが次世代ゲーム機(PS5/Xbox)のスペックを語る

『フォールアウト76』のSteam版が無い理由

ベセスダ・マーケティング部門のPete Hines氏へのインタビューによると、『フォールアウト76』のSteam版が無いのは「ゲームの種類が原因」だという。

知っての通り『フォールアウト76』はこれまでのシリーズと違い常時オンラインに接続されるマルチプレイ専用ゲームであるため、ベセスダはユーザーとより「直接的な・1対1の」関係を望んでいる。

関連記事 『Fallout 76』最新情報まとめ 発売日・ベータテスト・サバイバル要素など

つまり、『フォールアウト76』ユーザーにメールを送ったり連絡を取ったりするのにSteamを介さず、ベセスダのみの判断で行いたいのだという。

ユーザーからすればいまいちピンとこない説明かもしれないが、サードパーティの「Steam離れ」はベセスダに限ったことではない。BlizzardのBattle.net(『Destiny 2』など)、CD ProjektのGOG.com(『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』など)、でもSteamより自社プラットフォームを優先してゲームを発売している。なんとチャットアプリ「Discord」でもゲームランチャーとしての機能を実装した上でSteamに先駆けてゲームを先行公開する動きがあるのだ。

『フォールアウト76』がSteamで発売される日がくるのかは不明だが、当面は素直に各社のゲームランチャーをダウンロードしておくのがPCゲーマーとしては賢明だろう。

なお、『フォールアウト76』は2018年11月15日発売。ベータテストはXbox Oneに向けて10月23日にスタート、10月30日にPS4とPC向けに開始される予定。

関連記事 『Fallout4(フォールアウト4)』海外レビューメタスコア

Fallout 76 / コラムカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。