• オートチェス
  • dota2のMOD『Dota Auto Chess(ドタオートチェス)』、モバイル版『Auto Chess(オートチェス)』のカテゴリ
qihl.gg

【qihl.gg】『ドタオートチェス』でランクが上がらない人はレートマッチングサイトを使え!

『オートチェス』はポーン1~9→ナイト1~9→ビショップ1~9→ルーク1~9→キング→クイーンの順にランクが上がっていきます。

ランクの仕組みは単純で、その試合の参加者の平均ランクと順位に応じてレートが変動します。

  • 高ランク部屋で上位→大きくレートが上がる
  • 高ランク部屋で下位→あまりレートは下がらない
  • 低ランク部屋で上位→あまりレートは上がらない
  • 低ランク部屋で下位→大きくレートが下がる

『オートチェス』は「PLAY DOTA AUTO CHESS」ボタンをクリックすればすぐにマッチングしますが、ランクを上げたいなら野良でマッチングするべきではありません。この記事では効率的なランクの上げ方を解説します。

『オートチェス』のレーティング


プレイヤー全員が同じランクの試合では1位から4位までのレーティングがプラスされて5位から8位がマイナスになります。つまり、4位以上をキープすればランクが上がり続けます。

しかし自分のランクが部屋の平均ランクよりも大幅に高い場合、2位や3位なのにレーティングがマイナスされることもあります。どんなに上手いプレイヤーでも運次第で下位になるので、平均ランクの低い部屋で遊ぶのは危険です。

自分がポーンのうちは「自分のランクよりも平均ランクが大幅に低い部屋」にマッチングすることがないため特に何も気にする必要はありません。しかしナイト上位になると、ポーンばかりの部屋で勝ってもランクが上がりにくくなってしまいます。

効率よくランクを上げたいなら野良でプレイせず、『オートチェス』のマッチメイキングサービス「QIHL」を使って自分に近いランク帯の部屋で対戦することをお勧めします。

QIHLの使い方

steam サインイン

QIHLの使い方は簡単です。まずはサイト右上の「Sign in through STEAM」ボタンをクリックし、Steamのユーザーネームとパスワードを入力してサインインします。

オートチェス マッチング

Steamを介してQIHLにサインインできます。入力したパスワードがQIHL側に伝わることはないので安心してください!

STEAMガードモバイル

Steam ガードモバイル認証が出るのでコードを入力します


QIHLを使ったマッチングには2種類あります。「部屋に入る」と「部屋を作る」です。

QIHLから部屋に入る

オートチェス マッチメイキング

QIHLの「MATCHMAKING」をクリックすると大量の部屋が出てきます。

一覧には左から順にリージョン(地域)、部屋を立てたホストプレイヤー名、部屋にいる人数、部屋に入るための最低ランク、部屋に入っているプレイヤーの平均ランク、その部屋が何分前に立てられたか、という情報があります。

オートチェス ソート

この中から自分の条件に合った部屋を探すためにフィルター機能を活用しましょう。「From」と「To」の間のランクの部屋を探せます。リージョン(地域)は複数設定できますが、「Japan/Korea」や「South East Asia」、「Oceanic」がラグもなく安定します。

オートチェス 部屋

部屋を見つけたら「Open Slot」をクリックして入室します。すると自動生成されたパスワードが出てくるので、パスワードをクリックしてコピーします。そのまま『Dota 2』の「アーケード」→「ロビーリスト」→「プライベートロビーを探す」からパスワードを入力し、出てきた部屋に入室します。

オートチェス プライベートロビー

あとは8人揃うまで待てばOKです!

放置しておけば勝手にゲームが始まるので、オーディオ設定の「デスクトップの音声を再生」にチェックを入れて音で気付けるようにしておきましょう。プレイヤーの集まりが悪いと部屋を解散してしまうホストもいるので注意!

QIHLでは現在の自分のランクよりも要求ランクが高い部屋には入ることができません。部屋に入らないとプライベートロビーのパスワードを知ることができないので、要求ランク以下のプレイヤーはマッチングできないという仕組みです。

ただし、ホストとパーティを組んでいれば要求ランク以下のプレイヤーでも試合に紛れ込めます。そういうプレイヤーと当たってしまった時は我慢するか、「ゲームの中止を要求する」をクリックしましょう。

QIHLで部屋を作る

CREATE LOBBY オートチェス

丁度いい部屋が見つからないときは、自分でQIHLに部屋を作ってホストプレイヤーになることもできます。

「MATCHMAKING」→「HOST LOBBY」をクリックし、部屋に入るための要求ランクとリージョンを設定し、「CREATE LOBBY」で部屋を作ります。

このとき現在の自分のランク=要求ランクにしておけば自分よりランクが低いプレイヤーは入ってこないため、ランクを上げやすい部屋を作ることができます。

『Dota 2』の「アーケード」→「ロビーリスト」→「カスタムロビーを作成」からQIHLで生成されたパスワードを「ロビーパスワード」に入力し、部屋を作成します。

あとは部屋が埋まるまで待つだけです。プレイヤーが集まったらQIHLの部屋の「START」を押し、試合が終わったら「CLOSE」してまた別の部屋を立てましょう!マッチが始まっているのにQIHL側で「START」を押さずに放置する人が多いですが、後から部屋を見つけた人が募集中だと勘違いして入室してしまいます。

『オートチェス』のランクの上げ方

QIHLを使えば、ランクの上がりやすい部屋でプレイすることができます。この状況で意識すべきことは「最下位を回避すること」と「4位以内に入ること」です。常に1位を目指す必要はありません。最下位になって大きくランクを落とすのが一番まずいので、1位になるのが難しいと感じたら「少しでも長く生き延びる」ことに目標を切り替えてゲームをプレイしましょう。

「4位狙い」戦略のためのヒントをいくつか載せておきます。

  • 強い構成が作れないときはドルイド星3を狙う
  • 引きが悪すぎるときは利子に拘らずショップを更新する
  • シナジーが作れなくても単体で強いユニットを買う
  • オークやウォリアーなど作りやすいシナジーを狙う

ここで挙げた戦略を全て実行すると、他のプレイヤーに利子、レベル、連勝・連敗ボーナス、シナジーの差を付けられるので1位を取るのは難しくなってしまいます。それでも4位を狙うには十分です。上位3人に歯が立たなくても、ダメージを食らいすぎないよう、下位プレイヤーだけには負けないようになんとか粘って4位以内を目指しましょう。そして4人になるまで生き残れたら、3位か2位を目指してもっと粘りましょう!

「そもそもナイト帯に上がれないんだけど!」という方はこちらの記事を参考にしてください。

VARENAでプレイヤーネームを検索すると、過去の試合履歴を確認できます。何ラウンド目に何のユニットをどういう配置で場に出していたかまでわかるので参考になります。過去から学んで強くなりましょう!

『オートチェス』関連記事

オートチェス / 攻略カテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。