「ヒューズ」戦い方、立ち回り、オススメ武器解説

「ヒューズ」戦い方、立ち回り、オススメ武器解説【Apex Legends攻略】

高フレームレートで有利に勝つためのスペックを紹介

『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』のレジェンド、ヒューズのオススメ武器・戦い方を初心者向けに解説します。

戦い方以外でも、環境をより良くすることでプレイスキルは明らかに上達していくので、『Apex Legends』おすすめゲーミングPC『Apex Legends』おすすめモニターで環境強化をしてみるのもおすすめです!

ヒューズ 戦術アビリティ 戦術アビリティヒューズ パッシブアビリティ パッシブアビリティヒューズ アルティメットアビリティ アルティメットアビリティ
ナックルクラスターグレネーダーマザーロード
着弾時に空中炸裂式の爆発物を連続射出するクラスター爆弾を発射する。インベントリの各スロットでグレネードを1個多く所有できる。グレネードを遠くへ、素早く、正確に放てるようになる。一帯を炎の壁で包み込む爆撃を行う。

(※スマホで見ている人は横にスクロールすることができます)

ヒューズ アビリティ性能

本名 ウォルター・フィッツロイ
年齢 54
帰るべき世界 集中砲火

パッシブアビリティ グレネーダー

パッシブアビリティの「グレネーダー」は、投擲物を1スロットで2個所有できるうえ、投擲物をより遠くに、より正確に投げられるようになります。

ヒューズの能力の中で最も強力なのがこの「グレネーダー」です。
投擲物を持たないなら、ヒューズを使う意味がないと言っていいくらいです。

ちなみに、この「遠投」能力はオンオフが可能で、他のレジェンド同様普通に投げることもできます。

戦術アビリティ ナックルクラスター

戦術アビリティの「ナックルクラスター」は、着弾して爆発するクラスターグレネードを無限に撃つことができます。

クールタイムも25秒と長くないので、戦闘中に複数回使えるのも強みです。150メートル先にも届くほどの投擲距離を誇るため、敵に詰めながら遠距離で一発、近距離で一発と自然な流れで撃つことができます。

見ての通り、「ナックルクラスター」は普通の投擲物以上の速度で遠くにいる敵にぶつけることができます。

ダメージこそ高くありませんが、「ナックルクラスター」はくっつき判定が非常に広いので敵の体にくっつけて直撃させるのは難しくありません。

狭い室内で複数の敵を巻き込んで炸裂させたり、敵から逃げるときの牽制に使ったり、ドアを一発で壊したり、オブジェクトを破壊したりと、環境や状況に合わせて使い分けることのできる便利なアビリティです。

シーズン10アップデートでは爆発時間が2倍になったので、敵からするとかなり面倒なアビリティになったのは確かです。

アルティメットアビリティ マザーロード

アルティメットアビリティは効果範囲を爆撃して炎のリングで囲う「マザーロード」です。

ジブラルタルのウルトとは違い、「マザーロード」を敵に直撃させるというより、敵の移動範囲を制限するというのが目的です。

炎で身動きの取れなくなった相手に「ナックルクラスター」や投擲物をぶつけたり、一方的に有利な位置から銃撃したり、正確に敵を捕えることができれば非常に有利な展開で立ち回ることができます。

マザーロードでの円内にいる敵が味方全員に強調表示されるので、チーム全体で集中射撃をくらわすことができます。

ヒューズのメリット

ヒューズを使う上でのメリットを紹介します。

攻撃特化のスキル

ヒューズのメリットは、アビリティとアルティメットが攻撃に特化している点です。

アビリティとアルティメットの両方が攻撃に特化しているのはヒューズのみとなっています。

グレネードをたくさん持てる

ヒューズは、1スタックで2個グレネードを持つことができるのがメリットです。

グレネードは、戦闘する上で重要なアイテムなので、より多くのグレネードを持つことができるのは大きなアドバンテージになります。

ヒューズのデメリット

ヒューズを使う上でのデメリットを紹介します。

逃げスキルがない

ヒューズは、逃げスキルがないのがデメリットです。

後方からナックルクラスターを撃つなどしてきっかけを作ってから攻めるような立ち回りが良いでしょう。

ヒットボックスが大きい

ヒューズはヒットボックスが大きいのがデメリットです。

ヒューズのヒットボックスはワースト5の大きさとなっています。

逃げスキルもないので、後方からグレネードでカバーするのが良いでしょう。

ヒューズの立ち回り

ヒューズがやるべき立ち回りについて解説します。

立ち回り①ナックルクラスターで敵を退かす

ヒューズは、ナックルクラスターを使って遮蔽物にいる敵を退かすような立ち回りをしましょう。

ナックルクラスターはダメージ数はあまり多くないものの、当たるのは嫌なので敵を退かすことに使えます。

遮蔽物から出てきた敵に射線を通していきましょう。

立ち回り②マザーロードで敵を囲む

マザーロードは敵を囲むように撃ちましょう。

マザーロードの炎の円の中は敵が強調表示されるので、索敵にも役立ちます。

また、移動スキルがない敵は炎の円の中に足止めできますし、出ようとすれば確実にダメージを与えることができます。

立ち回り③グレネードをたくさん持つ

ヒューズのパッシブでグレネードを1スタックで2個持つことができるので、グレネードをなるべくたくさん持つようにしましょう。

グレネードをたくさん持つために、武器は弾持ちが良いものから選ぶのがおすすめです。

具体的には、ショットガンや、ウイングマン、30-30リピーターなどです。

ヒューズと相性が良いキャラ

ヒューズと相性が良いキャラを紹介します。

ローバ

ヒューズは、グレネードをたくさん持ちたいので、ローバのブラックマーケットとの相性が良いです。

終盤につれてグレネードが枯渇しやすいので、ブラックマーケットからはグレネードを優先的に回収するようにしましょう。

前衛キャラ

ヒューズは後衛キャラなので、前衛キャラとの相性が良いです。

具体的には、レイスオクタンパスファインダーなどです。

ヒューズ オススメ武器

ヒューズにおすすめの武器を紹介します。

弾持ちが良い武器

ヒューズはグレネードをたくさん持ちたいので、弾持ちが良い武器を持つのが良いです。

具体的には、ショットガンウイングマン30-30リピーターです。

ケアパッケージ武器

ケアパッケージ武器は、弾を持つ必要がないのでヒューズにおすすめです。

バックパック内の弾を節約できる分、グレネードをたくさん持つことができます。

ヒューズ 小ネタ・テクニックまとめ

ヒューズの小ネタ・テクニックを紹介します。

グレネードを拾いまくろう

apex ヒューズ グレネード

大前提として、ヒューズはグレネードを拾ってナンボです。

投擲物は『Apex Legends』で最強の武器なので、銃弾や回復を最小限確保したらあとはグレネードを拾って使いまくりましょう!

グレネードはアークスターが便利

ヒューズのパッシブアビリティ「グレネーダー」を最大限活かす立ち回りは、「大量に持ったアークスターを連発して敵に不可避のダメージを与える」というものです。

ヒューズ以外のレジェンドでグレネードを使用するときは一般的に、敵にダメージを与えやすいグレネードが効果範囲の広い「テルミットグレネード」、敵に移動を強制できるグレネードが一発のダメージが大きい「フラググレネード」、直撃できれば最大ダメージのグレネードが「アークスター」とされています。

逆にヒューズの視点からは、テルミットグレネードは連発したところでそれほど与えるダメージが増えず、フラググレネードは転がりすぎるのでかなり扱い辛くなってしまいます。

アークスターなら高速に連発する中で一発でも敵に当たれば一瞬にして致命的なダメージを与えることができるので、ヒューズとの相性は最高です。

ウルトは敵を囲えなくてもOK

ウルトは敵を囲えなくてもOK

ヒューズの爆撃ウルト「マザーロード」はリング状になってはいますが、敵をリングの中に囲うことができなくても、敵後方に撃って逃げ道をふさぐだけでも効果的です。

逆に、何も考えずに敵味方の間にウルトを撃って詰めにくくなったりなど裏目にでるケースもあるので、「どこに撃ったらどういう風に爆撃が落ちてくるのか」は必ず射撃訓練場で確認しておきましょう。

ホライゾンのアビリティと相性抜群

ヒューズのウルト「マザーロード」は、平地で撃つと敵の姿が確認しにくくなります。

そこで、味方のホライゾンの戦術アビリティ「グラビティリフト」と組み合わせて使えば、動きを制限された敵を高所から視認して一方的にとどめを刺すことができます。

ウルトで相手の行動を制限させて安全に移動

ヒューズのウルト「マザーロード」は直接的な戦闘目的ではなく、「敵の動きを制限して射線を切る」狙いで使うこともできます。

動画は「パルスが迫ってきているから移動したいのに、ランパートのミニガンに撃たれまくって移動できない」という状況です。

そこで、ランパートのミニガンが設置してある場所に「マザーロード」を投下、敵からの射線を切って安全に移動することができました。

ヒューズ 総評

ヒューズはグレネードを中心とした戦い方が強力な戦闘的なレジェンドです。

すべての能力が戦闘に直結しているため、敵チームを避けていると能力が腐ってしまいがちですが、ひとたび戦闘に入ればこれ以上ないほど大活躍できるレジェンドです。

近中距離はもちろん、遠距離の遮蔽物の裏に隠れている相手のところにグレネードを投げ込むことさえできるので、積極的に敵を見つけて攻撃したいプレイヤーにおすすめします。

Apex LegendsをゲーミングPCでプレイしたい方はこちら

ApexおすすめゲーミングPC価格(税込)GPUCPU
マグネイト MH
109,980円GTX 1650Core i5-12400
ガレリア XA7C-R36T
239,980円RTX 3060 TiCore i7-12700
ガレリア XA7C-R37
ガレリア XA7C-R37
259,980円RTX 3070Core i7-12700
G-Tune PP-Z-AF
G-Tune PP-Z-AF
289,800円RTX 3070 TiCore i7-12700F

詳しくは「Apex Legends おすすめゲーミングPC」で解説していますが、Apexは家庭用ゲーム機でプレイするよりPCでプレイしたほうが遊びやすく、グラフィックも良く、便利です。

Apex Legends 関連記事

関連記事 プロが教えるレジェンド講座まとめ

『Apex Legends』超・初心者講座はこちら。

『Apex Legends』の攻略ガイドはこちら。

スマホゲームのおすすめアプリをジャンル別に厳選

スマホゲーム おすすめ




HARDMODE おすすめ記事