プロゲーマーが教える! ライフラインの戦い方

プロが教える「ライフライン」 戦い方、立ち回り、オススメ武器を動画付きで解説【Apex Legends攻略】

『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』のレジェンド、ライフラインのオススメ武器・戦い方を
多数のゲームタイトルでプロゲーミングチームにも所属していたプロゲーマーが初心者向けに解説します。

ライフラインのプロフィール、アビリティの詳細はこちらをご覧ください。

関連記事 【Apex Legends】ライフライン 使い方・アビリティ紹介

ライフライン 戦術アビリティ 戦術アビリティライフライン パッシブアビリティ パッシブアビリティライフライン アルティメットアビリティ アルティメットアビリティ
D.O.C.ヒールドローン戦う衛生兵ケアパッケージ
一定時間、付近の兵士を自動的に治療する慈愛ドローンを要請する。ノックダウンされた仲間を、シールドの壁で守りながら素早く復活する。
また、回復アイテムを25%早く使用できる。
高品質の防御用装備を積んだドロップポッドを要請する。

(※スマホで見ている人は横にスクロールすることができます)

プロが教えるライフライン講座

ライフラインは実はアタッカー向き

ライフラインのアビリティはシールドの回復ができないので、活躍するのは序盤がほとんどです。
中盤以降は強力なパッシブスキルを活用して戦いましょう。
ダメージを受けても回復アイテムの使用が速いのですぐに戦線復帰でき、味方がダウンしてもシールド付きの蘇生をしつつ、倒しに来る敵をサブマシンガンなどで倒せます。
近距離から中距離でポジションを取ってアタッカーとして戦いましょう。
「敵を見つけたから撃つ」のではなく、敵の位置情報をチームで共有し一気に決めきるチャンスを待ちましょう。

戦術例

アルティメットアビリティを有効活用しよう

強力な物資を落とすケアパッケージは銃弾が貫通しないので
高所を取っている時など、ケアパケ本体を遮蔽物として有効活用できます。

弱点

WARNING!
アルティメットアビリティを使用した際に、まわりから着地地点がバレてしまうので
多くの敵が倒しに来る可能性が高いです。
味方に周りを見てもらいながら安全に回収しなければなりません。

ケアパケの形に注意
ケアパケを遮蔽物として使うとき、隠れる位置を間違えてしまうと足が抜かれてしまいます。

ライフラインオススメ武器

安定型ライフライン

アサルトライフル + サブマシンガン 

アサルトライフルで牽制し死なない距離を見極めましょう。
回復や蘇生をしているところを攻めてくる敵に応戦する、というシチュエーションが多いので
サブマシンガンの取り出しから撃ち始めるまでの速さはライフラインと相性がいいです。

攻撃型ライフライン

サブマシンガン + スナイパーライフル

遮蔽物の後ろから顔を出した敵にスナイパーライフルで一発当てられれば
攻めの起点を作ることができます。
サブマシンガンはパッシブアビリティとの相性も良いうえ
グレネードを投げる、武器を構えるの一連の動きをスムーズに行うこともできるようになり
遮蔽の裏から顔を出してきた敵を即座に撃てるなどの攻め込む際にもメリットがあります。

WARNING!
オススメできない武器 ライトマシンガン 

ライトマシンガン自体が強力なのであまり気にならないかもしれませんが
武器の取り出しの遅さがライフラインのアビリティと相性が悪いというのがオススメできない理由です。

ライフライン テクニック・小ネタまとめ

敵のヒールドローンで回復できる!(破壊不可能、下に落ちない)

戦闘後に敵の出したヒールドローンで回復してアイテムの無駄遣いを避けることができます。
破壊不可能で、高いところから落とそうとしても落ちません。高さが維持されてしまいます。

ケアパケに上って高いところにポジションを取ろう

ケアパケに上ることができるので
本来上れないような場所のそばにおいて、高所でポジションを取ることができます。

Apex Legends 関連記事

関連記事 ライフラインの性能・プロフィール

関連記事 プロが教えるレジェンド講座まとめ

『Apex Legends』超・初心者講座はこちら。

『Apex Legends』の攻略ガイドはこちら。

PC版『Apex Legends』を遊びたいけどゲーミングPCを持っていないという人はこちらの記事が参考になります。

kgbbb

Leaque大阪所属 kgbbb(後藤 英男)です。
プロゲーマーの経験を活かし読む方が強くなることができ、楽しくゲームできるような情報を発信していきたいと思います。

Apex Legends / 攻略カテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。