プロゲーマーが教える! ブラッドハウンドの戦い方

プロが教える「ブラッドハウンド」 戦い方、立ち回り、オススメ武器を動画付きで解説【Apex Legends攻略】

『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』のレジェンド、ブラッドハウンドのオススメ武器・戦い方を
多数のゲームタイトルでプロゲーミングチームにも所属していたプロゲーマーが初心者向けに解説します。

全能の目 戦術アビリティ パッシブアビリティハンティングビースト アルティメットアビリティ
全能の目トラッカーハンティングビースト
短い間だけ眼前の全構造物を見通して、隠れた敵や罠、手掛かりを見破る。敵が遺した痕跡を認識できる。五感を研ぎ澄ますことで獲物が強調表示され、動きも速くなる。

(※スマホで見ている人は横にスクロールすることができます)

ブラッドハウンド アビリティ性能

本名 不明
年齢 不明
母星 不明

戦術アビリティ 全能の眼

ブラッドハウンドの戦術アビリティ「全能の眼」は遮蔽物の向こうや角に隠れる敵の居場所を明らかにし、敵のアビリティによる視界阻害を無効化できます。
強力な索敵能力で敵の位置を特定し、味方に教えてあげましょう。索敵範囲は全方位にかなり広いので、敵を見逃すことはまずありません。

建物の近くで「全能の目」を発動させれば建物内に敵がいるかどうかがわかります。
1階にいるのか?2階にいるのか?奥か手前か?まではっきりとわかるので、圧倒的に有利な状況で戦えます。

WARNING!
ブラッドハウンドのアビリティは強力ですが、どこで発動したのかがまるわかりになってしまうので相手からも自分の位置を知られてしまいます。
味方の援護のもらえない場所でアビリティの使用をすると1対3の状況で戦う羽目に陥るかもしれません。
敵からはこのようにオレンジ色のレーダーが見えます。

パッシブアビリティ トラッカー

敵の足跡と、その足跡が何秒前に出来たかなどを視覚化します。
明確な敵の位置までは把握できなくても、「こっち方面に1チーム向かった」といった情報はチームの動きを決める時に役立ちます。

アルティメットアビリティ ハンティングビースト

「ハンティングビースト」を発動すると画面が暗くなり、敵が強調表示されます。
近くの敵も遠くの敵も格段に見やすく、撃ちやすくなるだけでなく、スモークやガスの中の敵の位置もわかるようになります。

動画では他のチーム同士が戦ってる最中に横からアルティメットアビリティで奇襲をかけ、1チームを倒しつつもう1つのチームの動きも注視しています。

ブラッドハウンドの練習方法

レジェンドごとに全く違う特徴のある『Apex Legends』では、そのレジェンドの強みを生かした戦い方を練習する必要があります。

初心者編

戦術アビリティで壁の向こうの敵を索敵して味方に戦ってもらいましょう

戦術アビリティを使ったあとに自分で攻めてしまうと敵に位置を知られてしまっているのでタイミングもわかりやすく簡単に対応されてしまいます。

壁の向こうに敵がいるという事は味方のカバーもしてもらえないので、位置がわかったからといってすぐに突っ込んだりしないように。

中級者編

アルティメットアビリティで横、裏どりができるように練習しましょう。

戦況をしっかり把握しなければ孤立して、各個撃破されてしまうという最悪の結果になってしまう可能性があります。

味方がしっかりと耐えられる、横・裏どりがばれないという条件が揃ってこそ強力な動きなので、練習しておくことをオススメします。

上級者編

敵同士の戦闘にアルティメットアビリティを使って介入しましょう。

遠くの敵も赤く表示されるので「周囲の人数と戦況を把握した状態で漁夫る」という戦闘の基本を守りながら、どこから勝負すると効果的かの見極めが容易です。

移動速度もアップするので、多少距離が空いていても気にせずアルティメットアビリティを発動して勝負を仕掛けましょう。

参考動画

ブラッドハウンド オススメ武器

安定型ブラッドハウンド

アサルトライフル + ショットガン

敵と撃ち合ってる最中に何のアクションもなく近距離まで詰めるのは危険です。
なので、アサルトライフルで撃ち合いながら攻めこめるチャンスを探します。
距離を詰めることさえできればアビリティで壁の後ろや建物の中の敵を索敵しショットガンで戦うことが強みになります。

超近距離特化型ブラッドハウンド

サブマシンガン + ショットガン

近距離での撃ち合いが好きな方はこの組み合わせでも面白いかもしれません。
距離を詰めることに慣れてくればタイミングを探さずとも隠れながら攻めたりロープを使い上から奇襲を仕掛けるなど攻めることができます。

サブマシンガンは取り出し、撃ち始め、連射速度がすべて早い武器です。
アサルトライフルと違い中距離では力を発揮しにくいですが、距離が近くなればなるほどサブマシンガンの方が有利になります。
アビリティを使いサブマシンガンで少しダメージを与えてからショットガンでとどめを刺したり、至近距離まで突っ込んでショットガンを一発当ててサブマシンガンに切り替えたりができればキルスピードは格段に上がるはずです。

WARNING!
オススメできない武器 スナイパーライフル 

アビリティの効果範囲内にポジショニングすることができない、というのがオススメできない理由です。

ブラッドハウンド 小ネタ・テクニックまとめ

追い性能の高さ

アルティメットアビリティを使用することでより痕跡が見やすくなります。
移動速度も強化されるので戦線離脱しようとした敵を速やかに倒しまた戦線復帰をして人数差をつけることもできます。
この時にダウンさせるだけではなく確定で倒して蘇生されないようにするのがポイントです。
ジブラルタル、ライフラインの能力は蘇生に向かわれたときに厄介です。
他にパスファインダーやレイスのアビリティでも簡単に蘇生できてしまうので、確殺をいれておきましょう。

ポジション取りの強さ

移動速度を強化して無理やりポジションを取りに行くことにより敵にプレッシャーを与えることができます。
自分の居場所を敵にバラして味方の展開をアシストすることもでき、一気にポジションを取って味方と合わせて攻め込むことができます。

味方の回収も素早い

by:はつめ視点

敵の痕跡が見えるので味方のバナーを安全に回収することができます。
蘇生を狩るためにリスポーンビーコンの近くで待機してるチームも痕跡を見逃さなければ十分回避できます。

交戦中の裏どり

交戦中にアルティメットアビリティを使い移動速度を強化することで簡単に敵の横、裏を取ることができます。
敵から見えてしまうと裏どりにならないので場所や状況をよく判断してから行動しましょう。

ブラッドハウンド 総評

ブラッドバウンド総評

全てを見通すブラッドハウンドはバンガロールの「スモークランチャー」やコースティックの「Noxガスグレネード」と相性が良く、「ハンティングビースト」を使って煙越しに一方的に攻撃を仕掛けられます。

ブラッドハウンドは連戦に強く、アタッカーでありながらチームのバランスを保つことのできる、チームの大黒柱です。逆に、タフな戦いを乗り越えることができない場合は、ただ生存能力が低いだけのレジェンドに感じられるかもしれません。

一度戦いに突入したらやるかやられるかという逃げ性能の弱さは連携でカバーしましょう。

Apex Legends 関連記事

関連記事 プロが教えるレジェンド講座まとめ

『Apex Legends』超・初心者講座はこちら。

『Apex Legends』の攻略ガイドはこちら。

PC版『Apex Legends』を遊びたいけどゲーミングPCを持っていないという人はこちらの記事が参考になります。

kgbbb

多数のタイトルでプロゲーミングチーム所属経験があり、現在は「講師・動画投稿・ライター」をやっています。

詳しい経歴や使用デバイスなどのプロフィール記事はこちら
Twitter

ゲーミングPCセール情報

ゲーミングPCの選び方・おすすめランキング
ゲーミングノートPCの選び方・おすすめランキング

関連するコンテンツ

PS4新作ソフト一覧リンク画像
ニンテンドースイッチ新作ソフト一覧リンク画像
「回線負けする…」「Pingが高い…」という悩みを解消
FPSゲーマー向け 最強回線 まとめ