プロゲーマーが教える! レイスの戦い方

プロが教える「レイス」 戦い方、立ち回り、オススメ武器を動画付きで解説【Apex Legends攻略】

高フレームレートで有利に勝つためのスペックを紹介

『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』のレジェンド、レイスのオススメ武器・戦い方を、多数のゲームタイトルでプロゲーミングチームにも所属していたプロゲーマーが初心者向けに解説します。

『Apex Legends』おすすめモニター」も併せてご覧ください。

戦術アビリティ 戦術アビリティパッシブアビリティ パッシブアビリティアルティメットアビリティ アルティメットアビリティ
虚空へ虚空からの声ディメンションリフト
虚空を通り、安全かつ迅速に移動する。ダメージは一切受けない危機が迫ると謎の声が語りかけてくる。判断の及ぶ限りでは、こちらの味方をしているようだ2地点間をポータルで60秒間連結する。チーム全員が使用できる

(※スマホで見ている人は横にスクロールすることができます)

執筆者:joseph記事一覧
kgbbb

多数のタイトルでプロゲーミングチーム所属経験があり、現在は専門学校でEsports講師をしています。

Twitter

レイス アビリティ性能

本名 レネイ・ブラジー
年齢 32
母星 タイフォン

戦術アビリティ 虚空へ

レイスの戦術アビリティ「虚空へ」は、発動すると1.25秒後に無敵状態&移動速度アップとなり、4秒間敵の弾をかわしながら移動できます。
使用方法は「前線で被弾したときに虚空に逃げて味方とポジションを交代する」「遮蔽物のない場所で撃たれたときに虚空に入って安全に遮蔽物の裏まで移動する」「素早く安全地帯の中に入るために使用する」などさまざまです。

6月24日のアップデートからは発動から虚空に入るまでタイムラグができてしまったので被弾リスクが上昇し、レイス特有の「最前線に出て敵を削って帰ってくる」攻撃的な動きは難しくなりました
それでも一度虚空に入ってしまえば「虚空中の移動速度30%上昇」効果による逃げ性能は高いので、至近距離で敵を目の前にしながら虚空で引くのではなくその一歩手前の段階で逃げるか攻めるかの判断を求められます。

アプデでは虚空に入っている最中に周囲の敵の位置を確認できるようにもなったため、逃げたと思ったらばったり別の敵とぶつかってしまった、というようなミスは減りそうです。

WARNING!
「虚空へ」は強力な戦術アビリティですが、使用時は青いエフェクトが敵から見えてしまい、発動音も大きいのでヘイトを集めがちです。
アビリティ使用時は無敵時間内に移動できる距離感を把握して、壁の裏などに逃げ込んでしっかり射線を切りましょう。

パッシブアビリティ 虚空からの声

レイスのパッシブアビリティ「虚空からの声」は、レイスが銃で狙われている時や近くにトラップがある時に自動で警告してくれます。
スナイパーで狙われている時は専用メッセージが出るなど、敵チームの存在に気付きやすくなります。

敵を見つけるとついADSして覗いてしまいがちですが、レイス相手に「撃つ気はないけどとりあえず覗き込む」と近くにいることがバレて警戒されてしまうのでハイドしたい時は注意しましょう。

アルティメットアビリティ ディメンションリフト

by:larc視点

Apex Legendsをプレイしていれば、誰しもレイスのポータルに助けられた経験があるかと思います。
「ディメンションリフト」は攻め・逃げの起点に使うことができ、ポータルの位置さえバレなければ、もしくはバレてしまっていても敵を翻弄できる超強力なアビリティです。

ダウンを取られたプレイヤーを助けるために蘇生の難しい位置から安全な位置まで繋いだり、安全地帯の外の味方を安全地帯へと運んだり、2つのポジションをワープしながら敵と交戦したり、敵に詰めながらポータルを作って不利になったらすぐ逃げ帰ったり、周りの状況に合わせてポータルを有効活用できます。

戦術的移動をチーム単位で行いやすいレイスはチームの要と言えるでしょう。

なお、レヴナントのデストーテムで復活してから2秒間はレイスのディメンションリフトに入ることができません。
つまり、デストーテムを発動して敵に突っ込む→やられる→ポータルで即突っ込むというゾンビアタック戦法はできないということです。

注意!
2020年4月8日のアップデートで、「ポータルの両端がサークルの外にあると、4秒後にポータルが消えるように変更」されました。このため、主に最終盤に行われていた、ワープ中はダメージを受けないことを利用した安全地帯外での時間稼ぎポータル(ロングポータル)ができなくなりました。

レイスのメリット

レイスを使う上でのメリットを紹介します。

虚空やポータルで引くことができる

レイスは、アビリティの「虚空」、アルティメットの「ポータル」を使うことで、被弾しない無敵状態で敵から引いてくることができます

無敵状態になれるので、安全に移動することができるのが最大のメリットです。

前に出れるので詰めるきっかけをつくりやすい

レイスは、虚空やポータルを使って引くことができるので、最前線で戦えるキャラです。

前に出れることを活かして敵との距離を詰めていくことで、中距離戦闘よりも確実にダメージを与え、詰めるきっかけをつくることができます。

詰めるきっかけをはやく作ることで、戦闘時間を短くすることができ、漁夫対策にもなります。

レイスのデメリット

レイスを使う上でのデメリットを紹介します。

虚空に入るまで少し時間がかかる

レイスの虚空は、無敵状態になれますが、アビリティボタンを押してから虚空に入るまで少し時間がかかるようになっています。

また、虚空に入るまでの間は、ほとんど身動きが取れず無防備になるため、とても被弾しやすい状態になります。

虚空を使う際は、遮蔽物に隠れながら使ったり、瀕死になる前に余裕を持って使うなどの工夫が必要です。

近距離で戦うフィジカルが必要

レイスは、敵と最も近い位置で戦う役割が多いです。

そのため、近距離で戦っていくフィジカルが求められます

屈伸レレレをしながら腰撃ちしたり、ジャンプをしながらショットガンを当てるなどのキャラコンを身につけておく必要があります。

レイスの立ち回り

レイスがやるべき立ち回りについて解説します。

立ち回り①敵に1番近い遮蔽物まで詰める

レイスは虚空を使って引くことができるので、敵に1番近い遮蔽物まで詰める立ち回りをしましょう。

そうすることで、中距離から撃つよりも確実にダメージを与えられるので、詰めるきっかけをつくりやすいです。

ただし、自分が大きく被弾すると敵から詰められるきっかけになってしまうので、被弾を最小限にするためにも、遮蔽物を上手く使うように心がけましょう。

立ち回り②ポータルを使って攻める

レイスのポータルは、無敵状態で移動できるので、詰める・引くをより安全に行える能力です。

戦闘を有利に進められるので、ポータルを使って攻めるようにしましょう。

立ち回り③危なかったら虚空で味方の近くまで引く

レイスは最前線で戦うキャラなので、敵と近くで戦うことになります。

近距離戦闘になると大きく被弾してしまう危険も高いので、危ない状況であれば虚空を使って味方の近くまで引いてカバーをもらうようにしましょう。

虚空に入るまで少し時間がかかるので、早めに引く判断をすることが大切です。

目安としては、アーマーが割れる前です。

立ち回り④射線を増やす

レイスは虚空で引けるので、展開することができるキャラです。

前に出ていけない状況のときは、横に展開して射線を増やすようにしましょう。

射線を増やして味方とクロスを組めれば、詰めるきっかけがつくりやすくなります

レイスと相性が良いキャラ

レイスと相性が良いキャラを紹介します。

ブラッドハウンド

レイスは、前線をはったり、横展開していくキャラなので、敵の情報を把握することができるブラッドハウンドとの相性が抜群です。

ブラッドハウンドのスキャンから得た敵の位置の情報から、前に出ていくポジションや横に展開するポジションの判断をしていきましょう。

ジブラルタル

レイスは前線で戦う場面が多いので、ジブラルタルのドームのカバーとの相性が良いです。

レイスが前線で複数の敵から狙われたときは、ジブラルタルにドームを出してもらって射線を切ることができます。

その間に味方にもカバーにきてもらい、人数不利をつくらないように立ち回ります。

レイスの練習方法

レジェンドごとに全く違う特徴のある『Apex Legends』では、そのレジェンドの強みを生かした戦い方を練習する必要があります。

初心者編

基本中の基本ですが、戦術アビリティでしっかり逃げられるようにしましょう。

戦術アビリティは音が大きく、終わるタイミングわかりやすいため終わり際を見られていたら一気に撃たれてしまいます。
戦術アビリティが終わるまでに射線を切る意識を持たなければ、ほんの数秒の時間稼ぎにしかなりません。

次に繋げる動きを意識して使うことが大事です。

中級者編

ポータルを使ってダウンしている味方を助けましょう。

ただの移動目的でポータルを使うのではなく、戦術的な使い方ができるようになると、人数差の不利をカバーする事もできるようになるので慣れておきましょう。

状況を見ずに助けにいって自分までダウンを取られたりポータルを敵に利用されて追いかけられたりとリスクもあるので、無理なつなぎ方はしないことが重要です。

上級者編

高低差のある土地でのアルティメットアビリティの活用を意識しましょう。

平面だけの移動ではなく高低差でもアルティメットアビリティを使う事でMAPに見える距離以上に移動時間を短縮することができます。

敵が追いかけてくるには崖を上るかポータルに入るかの2択しかなく、平面での移動より道が限られてきます。

敵の行動を制限できるというのはそれだけ自分達が有利に立ち回れるという事です。

レイス参考動画

レイスオススメ武器

レイスにおすすめの武器を紹介します。

安定型レイス

アサルトライフル + ショットガン

前後左右の動きの多いレイスはアサルトライフルでどんな距離でも戦えるようにしておくと便利です。
ポータルを使い裏を取る場合、敵がポータルに入ってくる場合などで近距離戦になりやすく、ショットガンで簡単に敵を倒せるので相性がいいです。

サポート特化型レイス

アサルトライフル + スナイパーライフル

高いポジションからアルティメットアビリティで上り下りできる道を作ります。
味方に指示を出す司令塔のポジションで周りの状況を判断しながらスナイパーライフルで攻撃の起点を作る等、敵にプレッシャーを与えることができます。

もっとも、たいていの場合自分のチームにレイスよりもスナイパーに適したレジェンドがいるので、スナイパーを持つ機会は少ないです。

奇襲型レイス

サブマシンガン + ショットガン

戦術アビリティの無敵時間を使い強引に距離を詰めることもできるので、アサシン的な動きが可能です。
中距離は味方に任せてアルティメットアビリティで前に出られるよう道を作ってから奇襲するのが強力です。

WARNING!
オススメできない武器 ライトマシンガン 

戦術アビリティで逃げて壁などで射線を切った後に武器の取り出しが遅いので、すぐに追いかけられた場合撃ち勝つのは困難です。
アルティメットアビリティとの相性は悪くないので、味方にワープで攻めさせながら弾幕を張るなどの使い方であれば戦況を操れるかもしれません。

レイス 小ネタ・テクニックまとめ

レイスの小ネタ・テクニックを紹介します。

アルティメットアビリティと戦術アビリティの合わせ技

アルティメットアビリティを発動してから戦術アビリティを使うことによって、虚空に入る時のタイムラグを消しつつ移動速度を速めることができます。
とにかく急がなければならないシーンで有効ですが、それほど急いでいないのに使ってしまうといざという時に逃げられなくなる可能性もあるので注意してください。

敵のアビリティを戦術アビリティで無効化しよう

敵が投擲物やアビリティを使って距離を詰めてきたとき、戦術アビリティで無敵化して逃亡することで、敵の側面から攻撃を仕掛けられます。

レイス 総評

レイス総評

レイスは奇襲・かく乱・逃走・隠密・偵察に優れていますが、何もかもを使いこなそうと思うと難しいレジェンドです。

それでもチームとして勝利を目指すなら使いたいレジェンドなので、近接戦闘に自信のある人はレイスがおすすめです。

Apex LegendsをゲーミングPCでプレイしたい方はこちら

ApexおすすめゲーミングPC価格(税込)GPUCPU
マグネイト MH
109,980円GTX 1650Core i5-12400
ガレリア XA7C-R36T
239,980円RTX 3060 TiCore i7-12700
ガレリア XA7C-R37
ガレリア XA7C-R37
259,980円RTX 3070Core i7-12700
G-Tune PP-Z-AF
G-Tune PP-Z-AF
289,800円RTX 3070 TiCore i7-12700F

詳しくは「Apex Legends おすすめゲーミングPC」で解説していますが、Apexは家庭用ゲーム機でプレイするよりPCでプレイしたほうが遊びやすく、グラフィックも良く、便利です。

Apex Legends 関連記事

関連記事 プロが教えるレジェンド講座まとめ

『Apex Legends』超・初心者講座はこちら。

『Apex Legends』の攻略ガイドはこちら。

【裏技】Amazonギフト券チャージで初回限定2,000円分のポイントGET

Amazonギフト券チャージでお得に利用




HARDMODE おすすめ記事