【Apex Legends】パスファインダー 使い方・アビリティ紹介

『Apex Legends』のレジェンド、パスファインダー(MRVN)の使い方・アビリティを初心者向けに紹介します。

プロゲーマーが解説する「パスファインダー」の立ち回りはこちら。

パスファインダーのプロフィール

パスファインダーのプロフィール
前線の斥候兵
複雑な境遇に身を置きながらも、パスファインダーは楽観主義を絵に描いたようなロボットだ。
エリア偵察と測量に特化したMRVN(移動ロボット型汎用作業機)であり、数十年前、創造主と自身の存在意義を知らぬまま閉鎖された研究所で起動した。
自分のMRVN名のみを手掛かりにパスファインダーは、創造主を探しに旅に出ることにした。

パスファインダーは旅の中でさまざまなこと(美味しいイースタンレヴィアサン・シチューの作り方など)を学んだが、いまだに創造主の手がかりを掴めていない。
しかし、彼は希望を捨ててはいない。Apexゲームに参加して、支持者を増やしていくことで創造主の関心を引けるのではないかと考えている。
熱心で親切な性格で、たとえ撃ち合うことになろうとも、積極的に友達を作ろうとする姿勢は崩さない。


本名 MRVN
年齢 不明
帰るべき世界 不明

パスファインダー アビリティ性能

パスファインダー 戦術アビリティ 戦術アビリティパスファインダー パッシブアビリティ パッシブアビリティパスファインダー アルティメットアビリティ アルティメットアビリティ
グラップリングフック内部情報ジップラインガン
グラップリングで、移動の難しい場所へ素早く移動できる。リングの次の位置を明らかにする調査ビーコンをスキャンできる。誰もが使用できるジップラインを作り出す。

(※スマホで見ている人は横にスクロールすることができます)

パスファインダー アビリティの使い方

パスファインダーは移動に関するアビリティを備えたレジェンドです。
自身の移動力と味方の移動力をサポートすることができ、高低差のある場所を物ともせずに登っていくことができます。

戦術アビリティ グラップリングフック

パスファインダー 戦術アビリティ グラップリングフック

グラップリングフック」は着弾点に飛びつくことができる戦術アビリティです。

高低差のある場所でも簡単に登ることができるため、相手を撃ち下ろせる有利なポジションを確保する際に役立ちます。
高低差を利用した裏取りや、急接近によるショットガン撃ち込みなど、瞬発力を活かした攻めも可能です。

使用可能になるまでの時間が非常に短いため、探索の際にガンガン使っても問題ありません。積極的に使って探索時間を短縮しましょう。

パッシブアビリティ 内部情報

パスファインダー パッシブアビリティ 内部情報

内部情報」はマップ上に存在するビーコンを起動できるアビリティであり、ビーコンを起動すると次のエリア収縮を確認することができます。

パスファインダーを採用するなら有効活用したいアビリティですが、序盤で使う意味は薄いので後半に使えればラッキー程度に考えておきましょう。

アルティメットアビリティ ジップラインガン

パスファインダー アルティメットアビリティ ジップラインガン

ジップラインガン」はパーティーメンバーが一度に移動する際に使います。
戦術アビリティのグラップリングフックで自分だけが高所に登ったあと、このアビリティで味方を呼ぶこともできます。

登りにくいような高所へ一気に登ることができるため、全員で戦闘地帯から脱出したり、有利ポジションを取りたいというシーンで役立ちます。
アルティメットアビリティの中では使用可能になるまでの時間は短めですが、地形に左右されるので慣れが必要なアビリティです。

パスファインダー 総評

パスファインダーの評価

パスファインダーは『Apex Legends』の全レジェンドの中でも移動力に優れたレジェンドです。
反面、他のレジェンドのように攻撃性能も防御性能も備えていないので、他のレジェンドで補う必要があります。

体力の多いこのゲームでは単独奇襲の意味も薄く、1人で特攻しても無駄死にをするだけです。
意思疎通ができるフレンドとのチームならまだしも、野良では単騎突撃は控えましょう

Apex Legends 関連記事

当サイトではこれからApex Legends(エーペックスレジェンズ)の記事を更新していきます。以下の記事もどうぞ。

『Apex Legends』最強キャラランクはこちら。

当サイトHARDMODEでは『Apex Legends』の攻略Wikiも運営しています。

PC版『Apex Legends』を遊びたいけどゲーミングPCを持っていないという人はこちらの記事が参考になります。

Apex Legends / 攻略カテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。