• オートチェス
  • dota2のMOD『Dota Auto Chess(ドタオートチェス)』、モバイル版『Auto Chess(オートチェス)』のカテゴリ
Teamfight Tactics

【初心者向け】『TFT(チームファイトタクティクス)』のダウンロード方法・遊び方【LoLオートチェス攻略】

『チームファイトタクティクス(TFT)』は『リーグ・オブ・レジェンド』の新しいモードとして開発され2019年6月29日にリリースされた「オートチェス」系ゲームです。「オートチェス」系ゲームは「オートバトラー」というジャンル名でも呼ばれています。

『チームファイトタクティクス(TFT)』は「オートチェス」の影響を受けて作られたゲームなので基本ルールは「オートチェス」とよく似ています。一方で『チームファイトタクティクス(TFT)』独自の点もあるので、「オートチェス」プレイヤーは注意が必要です。

この記事では『チームファイトタクティクス(TFT)』のダウンロード方法・基本ルール・簡単な攻略を紹介します。

『チームファイトタクティクス(TFT)』の遊び方

lol

『チームファイトタクティクス(TFT)』は『リーグ・オブ・レジェンド』の中の一つのゲームモードなので、プレイするために『リーグ・オブ・レジェンド』のクライアントを使用します。

まず『リーグ・オブ・レジェンド』公式でアカウントを作成し、ゲームをダウンロードします。あとは『リーグ・オブ・レジェンド』をインストールし、起動したクライアントにユーザー名とパスワードを入力してサインインすれば準備完了です。

『チームファイトタクティクス(TFT)』の基本ルール

TFT アバター

チームファイト タクティクス ゲームプレイガイド

『チームファイトタクティクス(TFT)』の基本的なルールは「オートチェス」と同じです。

チャンピオンを育てながら「アイテムを落とすクリープと戦うラウンド」と「他のプレイヤーと戦うラウンド」を繰り返し、体力が0になったら負け、最後まで生き残ったら勝利です。

「オートチェス」と違うのは、体力の低いプレイヤーが優先的にチャンピオンをピックできる「ドラフトラウンド」が定期的に存在すること、チャンピオンを配置するタイルが六角形であることなどです。

「オートチェス」は「種族」と「クラス」でシナジーを発動させますが、『チームファイトタクティクス(TFT)』は「オリジン」と「クラス」でシナジーを発動させます。

アイテム

アイテム名効果
B.F.ソード通常攻撃のダメージを増加
リカーブボウ攻撃速度を向上
ムダニデカイロッドスキルを強化
女神の涙一定量のマナを獲得した状態で戦闘開始
ジャイアントベルト体力が増加
チェインベスト通常攻撃から受けるダメージが低下
ネガトロンクローク敵のスキルにより受けるダメージが低下
へらステータスは向上しないが、掟破りの強力なアイテムにアップグレード可能!

『チームファイトタクティクス(TFT)』の基礎アイテムは「B.F.ソード」「リカーブボウ」「ムダニデカイロッド」「女神の涙」「ジャイアントベルト」「チェインベスト」「ネガトロンクローク」「へら」の8つです。

基礎アイテムをどれでも2つ組み合わせてチャンピオンに持たせると上位アイテムに変化します。「へら」は単体では効果がなく、他のアイテムと合成して強力な上位アイテムを作るための素材になります。「へら」2つを合成すると装備したチャンピオンがチャンピオン数にカウントされない(場に出せるチャンピオン数を1増やす)上位アイテム「自然の力」に変化します。

アイテムはクリープ戦と「ドラフトラウンド」で獲得できます。「ドラフトラウンド」でピックするチャンピオンはどれか一つはアイテムを持っているので、ピックする時は欲しいアイテムも合わせて考慮しましょう。

チャンピオン

tft pool size

『チームファイトタクティクス(TFT)』のチャンピオンは1コスト(ティア1)から5コスト(ティア5)まで存在し、チャンピオンを3体集めると2つ星になり、2つ星のチャンピオンを3体集めると3つ星になり、強化されます。

登場するチャンピオンの数には限りがあるため、他のプレイヤーと同じチャンピオンを集めていると揃いにくくなってしまいます。排出確率の低いティア5のチャンピオンを3つ星にするのは非常に困難です。

また、プレイヤーレベルによって各ティアのチャンピオンの出現確率が異なります。つまり、早くティア5のチャンピオンが欲しいなら他のプレイヤーより先にレベルを上げる必要があります。

要するに「オートチェス」と同じです。

『チームファイトタクティクス(TFT)』初心者向け攻略ガイド

TFT トレーラー

『チームファイトタクティクス(TFT)』の初心者向けの攻略のヒントです。

構成に注意しよう

TFT シナジー via:チャンピオンリスト

『チームファイトタクティクス(TFT)』の序盤戦は「オートチェス」と同じく、シナジーを発揮させることよりもチャンピオンの星を重ねることを優先したほうが勝ちやすくなります。まずはティア1のチャンピオンを拾って星を重ねながら、どのシナジーに向かうかを決めていく形になります。

最終的には「オリジン」と「クラス」を絞って集めるわけですが、ここでは初心者に優しいシナジーをいくつか紹介します。

「オリジン:ノーブル」のチャンピオンは「複数配置すると、ランダムなチャンピオン1体の物理防御が増加し、通常攻撃により体力を回復するようになる。」と「全種類のノーブルを配置すると、チーム全員の物理防御が増加し、通常攻撃により体力を回復するようになる。」というシナジー効果を持っています。6体のうち3体がティア1、1体がティア2なので、序盤に集めやすく非常に使い勝手の良いシナジーです。ただし、後半の戦いはティア5の「ケイル」をどれだけ早く引けるかという運も絡んできます。また、使いやすいだけあって他のプレイヤーと奪い合いになりやすいのも弱点。

「オリジン:ワイルド」のチャンピオンは「複数配置すると、通常攻撃のたびにワイルドの攻撃速度が上昇する。」と「一定数配置すると、通常攻撃のたびにチーム全員の攻撃速度が上昇する。」というシナジー効果を持っています。ティア5が必要ないため集めやすいこと、「ニダリー」と「ナー」が「ワイルド/シェイプシフター」とオリジンとクラスが共通しているためシナジーを作りやすいのが強みです。

「オリジン:グレイシャル」のチャンピオンは「複数配置すると、通常攻撃時に一定確率で対象をスタンさせる。その確率は、グレイシャルの配置数に応じて上昇する。」というシナジー効果を持っています。グレイシャルを使うなら最終的にはティア5の「アニビア」を手に入れたいところですが、「アニビア」抜きで4体集めるだけでも強力です。

シナジーを覚えきれないうちは公式サイトのクラス・オリジン表を見ながらプレイしましょう。

ちなみに、対戦相手が探しているであろうティア5ユニットを先に見つけたら、使わなくても拾っておけば相手が引きにくくなります。テクニックとして覚えておきましょう。

体力とゴールドを管理しよう

『チームファイトタクティクス(TFT)』では「オートチェス」と同じく「利子」と「連勝/連敗ボーナス」が存在します。また、体力が低いほど「ドラフトラウンド」で優先的にチャンピオンをピックできます。

このことから、体力が減っても慌てる必要はありません。むしろ下手にお金を使ってしまい「利子」を失うほうが問題です。序盤はたとえ勝てずに体力を削られてしまってもお金を使わずにひたすら節約して「利子」を集めることを優先しましょう。

絶対に「ドラフトラウンド」で真っ先にピックをしたいなら、わざと負けて体力を減らしてもいいかもしれません。

「オートバトラー」関連記事

『チームファイトタクティクス(TFT)』の元ネタ「オートチェス」を解説した記事です。

「オートチェス」のモバイル版を解説した記事です。

Valveが開発したオートバトラー『Dota Underlords(ドタ アンダーロード)』を解説した記事です。

オートチェス / 攻略カテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。